翌朝は日の出を楽しみにしていましたが、あいにくの曇り空・・・
でも、朝食を食べていると少しずつ晴れてきました。

d0008157_20195911.jpg

幻想的な朝の海です。

d0008157_2057348.jpg

陸前高田へ向かうバスの車窓から、TVに何度も映っていた「防災センター」が
見えました。
当初は解体される予定だったのですが、宮城県が保存することになったそうです。

2日目、最初に観に行くのは「奇跡の一本松」でしたが、陸前高田に到着して、一番
目についたのは巨大なベルトコンベアが縦横無尽に走る姿でした。

d0008157_2038954.jpg

復興事業の象徴となるこの工事は、10トントラックで9年かかる工程を1年半で完成
させるのだそうです。

とはいえ、かさ上げしたこの土地に、これから住む人はいるのでしょうか?
閑散とした街の様子に、立ち尽くしてしまいます。
d0008157_20395718.jpg

d0008157_20552456.jpg


「奇跡の一本松」は、実際には枯れてしまった松に防腐処理をし、心棒を入れて補強
したり枝葉を複製したりしたサイボーグのようなものですが、それでも青い空にすっく
と立っている様子は、震災から復興しようとする「希望」のシンボルのように見えました。

d0008157_20522886.jpg

盛駅からは、この旅の一番のメインである復旧したばかりの「三陸鉄道南リアス線」
に乗りました。
どう見ても小さな商店にしか見えないこの建物が、盛駅の駅舎です。

d0008157_2055234.jpg

d0008157_239710.jpg

小さくてカラフルな列車は、青い空と緑の森に映えてどこかおとぎの国の列車のよう
にも思えるのですが、車窓から見る風景は色々なことを思い起こさせました。

d0008157_2312054.jpg

d0008157_23121624.jpg


終点の釜石で下車した後は、ボランティアガイドさんと一緒に実際に崖を上って、被災
体験をしました。
ここまで上がってこれた方は、なんとか命拾いしたのだそうです。

d0008157_23164882.jpg

崖の上から押し寄せる波を見ていた方々は、どんな思いだったのでしょうか?

ガイドさんのお話では、釜石の防波堤はギネスブックにも載った世界一の堤防で、壊れて
しまったけれどそのおかげで、津波が押し寄せるまでに6分の猶予が生まれ、多くの人
が津波から逃げることができたとのことでした。
そして今、その防波堤を40億円かけて修理しているのだそうです。

d0008157_23254817.jpg

その時も、また壊れてしまうかもしれない防波堤に40億円をかけるのはどうなんだろう?
と思ってしまったのですが、家に戻って調べてみると、ギネスに載った防波堤には総工費
1,200億円が投じられていたのだそうです。

とはいえ、今この工事をやめてしまえば仕事が無くなり、また人が減ってしまうことになるの
かもしれません。
街を復興するということ、公共事業の是非についても色々考えてしまいました。

ちょうど私が旅行したのと同じころ、職場の同僚が仙台に出張に行っていました。
その方は出張の翌日も仙台に残り、語り部タクシーに乗って「荒浜地区・閖上地区」を
回ったのだそうです。

東京から仙台までは新幹線で1時間35分、語り部タクシーも「荒浜地区・閖上地区」など
仙台周辺をめぐる2時間半コースであれば、日帰りで被災地を回ることができます。
もちろん、岩手や福島まで足を延ばす長時間のコースなどもありますが、まとまった人数
で行けば、1人当たりの負担もそんなに大きくならないはずです。

語り部タクシーの存在を知り、私も今回行かれなかった地区を再訪したくなりました。
ぜひ1度、みなさんも自分の目で被災地の様子を見に行っていただけたらと思います。

参考までに、語り部タクシーHPのURLを載せておきます。
https://www.sendaichuotaxi.co.jp/charter/kataribe.html

d0008157_23545216.jpg

最後に、松島の遊覧船から撮った「鐘島」の写真をUPします。

4つの穴からすべて、向こうが見渡せる瞬間を見た人は幸せになれるのだそうです。
穴の向こうに、「希望の光」は見えているのでしょうか?
[PR]
# by candlevoice | 2015-06-02 19:57 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ずっと気になっていた被災地に行ってきました。

最近では、東京発の「被災地ツアー」を探してもほとんど見つからない現状
ですが、本当に復興は進んでいるのでしょうか?

2013年に「遺体 明日への十日間」という映画を観ました。
釜石市の遺体安置所で、遺体の尊厳を守りながらも、一刻も早く家族と再会
させる為に尽力した人々を描いた作品です。
ニュースだけでは感じ取れなかった、その場所にいた人たちの想いがほんの
少し理解できたように思いました。

それから、使途を特定した《ふるさと納税》という形で釜石市や南三陸町に
寄付をしてきましたが、今どうなっているのか、この目で確かめなければ
いけないと思うようになってきたのです。

運転に自信があれば、レンタカーを借りて被災地を回ることも可能ですが、
そうでない私が選んだのは、被災地や現地ガイドさんのお話がたくさん
組み込まれた旗持ち観光ツアーでした。

1日目は塩竈で名物のお寿司を食べ、日本三景の1つ『松島』を遊覧船で
めぐります。
でも、私のメインはその次の『日和山公園』でした。
石巻市が一望できる桜の名所とのことでしたが、5月末にはつつじの花も
終わり、木々が青々と茂っていました。
旅行前にパソコンで下調べしていたとはいえ、そこから見える光景には
胸を締め付けられました。

d0008157_2148513.jpg

「がれき」こそありませんが、海沿いは広い平地になり、一面何もなくなって
しまっていました。

d0008157_21514165.jpg

良く見ると、その平地にはたくさんのお墓が建っています。
震災で亡くなった方の新しいお墓だそうです。

公園の一角には、震災前の写真が掲げてあり、今と比較することができます。

d0008157_2231212.jpgd0008157_2232230.jpg
































テレビでは何度も観たはずの光景なのに、ずっとずっと胸に迫るものがありました。

その日は南三陸温泉ホテル観洋に宿泊しましたが、部屋から見える海は穏やか
で、津波がくるとはとても信じられません。
窓を開けると、ウミネコがご挨拶に来てくれました。

d0008157_22105175.jpg

[PR]
# by candlevoice | 2015-06-01 20:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

予告編?

旅行記をずいぶんため込んでいます。

今だに書きかけの韓国旅行から始まって、東京湾クルージング、安比高原、神戸・大阪、
黒部・立山アルペンルート、屋久島などなど・・・
それなのに、つい最近もまたお出かけしてしまいました。

このままだとブログをUPしないまま時間が流れてしまいそうなので、自分にカツをいれる
ことにします。

さて、一足早い春を感じさせるこちらの場所はどこでしょうか?

d0008157_017391.jpg

[PR]
# by candlevoice | 2015-03-04 00:16 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

スコーンといえば・・・

コイケヤスコーン!!!

d0008157_21562774.jpg

このサクサク感と濃いチーズ味が癖になって、止まらないの。

ではなくて・・・
[PR]
# by candlevoice | 2015-02-17 21:54 | 食べる | Trackback | Comments(0)

プレミアム!

バレンタインに向け、デパートに自分用のチョコを探しに出かけたのですが、
催事コーナーで素敵なものを見つけました。

普段なら長蛇の列ができているお店なのに、今日はだれも並んでいません。
(チョコじゃないからかしら?)

ホワイトコーティングのものは食べたことがあったのですが、季節限定でこんな
ものもあったのですね?!

プレミアムなおいしさだったのは・・・
[PR]
# by candlevoice | 2015-02-12 19:54 | 食べる | Trackback | Comments(0)

電脳生活?

ブログの更新も進まないまま、いつのまにか2015年がやってきてしまいましたが、
今年になって私の生活は大きく変わりました!

というのも、お正月休みに念願のアイテムをGetしてしまったからです。

それは・・・
[PR]
# by candlevoice | 2015-01-31 18:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

バスローブで過ごす午後

5回目となる神戸旅行を楽しんできました。
実は、初の一人旅です!

神戸近辺の観光地はほとんど制覇しているので、今回はラグジュアリーな
ホテルライフを満喫することにしました。

二泊三日の旅の中でどうしてもしたかったのはこの3つ。
① 神戸牛を堪能する
② 日本三大夜景の1つである神戸の夜景を楽しむ
③ 大好きな洋菓子店2店舗でお土産を購入する

とはいえ、一番の目的はホテル(ラ・スイート神戸ハーバーランド)でまったりする
ことなんです。

1日目はお昼すぎに神戸に入り、ホテルで昼食をかねてアフタヌーンティーを
楽しみました。

d0008157_053954.jpg

サンドイッチ・スコーン・プティフールなど、おいしい紅茶をいただきながら
堪能しました。

さあ、これから私の短いホテルライフが始まります!
案内されたお部屋はさほど高層階ではありませんでしたが、海が近くに感じ
られて、これも素敵な感じです。

ゆったりしたソファー、オットマン付きのリラックスチェア、二人掛けの食卓テーブル、
仕事もできそうな机と椅子などがあり、1人では座りきれません(笑)

d0008157_019411.jpg

でも、一番テンションが上がったのは、室内のシャンデリアです!
(実は洗面所にも、もう1つシャンデリアがついているんですよ~♪)

ホテルの方のお話では、エジプトのアスフール社製のシャンデリアで、光の
当たり方で赤く輝くように見えるフルレッドクリスタルという最高級のクリスタル
でできているのだとか・・・

さて、ソファーで一休みしたあとは摩耶山「掬星台」へと向かいました。
実は一人旅といったものの、神戸近くにお住いの友人が、神戸コンシェルジュ?
になってくださったんです。

彼女の案内で、電車・バス・ケーブル・ロープ―ウェイを乗り継いでいくと・・・・・
神戸市内のみならず、大阪や関西国際空港、西は明石方面まで一望できる大
パノラマの夜景が待っていました。

d0008157_0325538.jpg

展望を楽しんだ後は、やっぱり神戸牛です!

d0008157_0324246.jpg

食べかけですいません(^^;
このお店は2度目ですが、前回はランチで利用しました。
お値段が高くても、やっぱり夜の方が落ち着きますね。
ヒレ(神戸ではヘレというのですね)とロースを友人とシェアしましたが、ロースの
おいしさを再認識させられました。
ちょっとだけ日本酒で、二人で乾杯もしました。

さあ、部屋に戻ってひとり時間を満喫です!
テラスからは、ポートタワーやメリケンパークオリエンタルホテル、モザイクの
観覧車などがとてもきれいに見えました。
ホテルの中庭もきれいにライトアップされています。

d0008157_0375127.jpg

d0008157_038387.jpg

でも、ホテルのお楽しみはこれだけではないんです。

海が見える真っ白なジャグジー!!!
(ただし、入浴中はブラインドを開けちゃいけないんですが・・・)
優雅にクラシックなどを聞きながら入ってみました。

d0008157_0442639.jpg

(このアングルで撮ってみたかったのですが、お見苦しいので画像を荒くしてみました)

お部屋と寝室にあるTVには、どちらも様々な番組が100本以上内蔵されています。
「メグ・ライアンの男と女の取扱説明書」を見ながら1日目の夜は更けていきました。

2日目の朝はコース仕立ての洋食をいただきます。
1人ごはんが得意でない私に、係の方は一番奥の席を案内してくれました。

d0008157_0493523.jpg

d0008157_0494866.jpg

スープ仕立てのサラダは、下に根菜が入っていて食べていくうちに生野菜の食感
が変化してくる珍しいものでした。
7種類のパンも、どれから食べようか迷ってしまいます。
残したパンは、お部屋に持って帰ることもできました。

この日は友人がお仕事だったので、午前中にひとりでカファレルとフロインドリーブ
へお土産を買いに出かけました。
神戸は山と海の間にある街なので、方向音痴の私でも地図を見ればなんとか
目的地にたどり着けるんです。

東京の吉祥寺にもカファレルはあるのですが、1個売りはしていないので、こんな
眺めにわくわくしてしまいます。

d0008157_059233.jpg

カファレルのチョコレートとフロインドリーブの大耳パイを買ったら、すぐにホテルに
戻りたくなり、タクシーに乗ってしまったのですが・・・
ホテルは船の汽笛にびっくりするほど海に近いのですが、その分近くに何もない
のです。
昼食に出かけるのも面倒だ!ということで、初めてのルームサービスを頼んで
しまいました。

d0008157_121973.jpg

豚まんとウーロン茶のセットです。
せいろに入った大きな豚まんが2個ついているのですが、昼食にするにはちょっと
重めかもしれません。
それでも熱々でとてもおいしかったので、完食してしまいました(^^ゞ

食休みをした後は、無料で利用できるスパへ向かいます。
(無料で利用できるのは、期間限定のようでした。)
連泊している方しかいない時間を指定してみたのですが、やはり独り占めは無理
でしたが、アロマブロアバスや炭酸泉、スチームサウナ・レインミストなど堪能する
ことができました。

こちらのホテルでは、スパに行く際、バスローブにスリッパで行かれる直通の専用
エレベーターがあるのです。
スパから戻り、窓を開け放してバスローブのままソファーに横たわり、韓国映画
(もちろんロマンチックコメディです)を観ている私・・・

あ~、こんな生活が毎日できれば良いのに!!!

夜になり、仕事終わりの友人と合流し、洋食屋さんでビーフストロガノフのコース
仕立てをいただき、食後は二人でホテルに戻り、おしゃべりを楽しみました。

ポートタワーは、通常色のほか、青とピンクにライトアップされているようです。
神戸最後の夜、お名残惜しい感じです。

d0008157_1154919.jpg

最後の日の朝食は、急いで帰らなければならないこともあり、ルームサービスで
和食を頼みました。
朝からこんなにごちそうです。

d0008157_1185792.jpg

とうとう非日常から、いつもの毎日に戻る時間がやってきてしまいました。

d0008157_121918.jpg

朝日がお見送りしてくれているようです。
ぜひまた来たい!と思える素敵な旅&ホテルでした。
[PR]
# by candlevoice | 2014-12-02 01:21 | 非日常 | Trackback | Comments(2)

台風が来る前に・・・

夕方、窓を開けた同僚が「すご~い、空一面が真っ赤になってる」と騒ぐので、気になって
外を見ると、本当に空全体が燃えるように輝いていました。

仕事中なのに、スマホを片手に4階へ向かう私・・・(^^ゞ

今年は台風が連続で日本列島を縦断するようですが、自然はこんなに美しい姿も見せて
くれるんですよね。

左の方に、ほんの頭だけ富士山が見えているの、わかるでしょうか?

d0008157_23314886.jpg

[PR]
# by candlevoice | 2014-10-10 23:31 | | Trackback | Comments(0)

中秋の名月?

今日は中秋の名月!

ということで楽しみにしていたのですが、あいにくの曇り空で月の姿は見えません。

昨夜の月はとてもきれいで、いまにもウサギが見えそうでしたが、i-phoneで撮った
写真はただの光の玉になっていました(涙)

ということで、この時期限定パッケージのお菓子でお月見することにしました。
両口屋是清の「ささらがた」です。

まだ食べていないのですが、大納言小豆・白小豆・黒糖・抹茶・和三盆などを使った
大人のプレミアムなお菓子だそうです。

かわいすぎて、どれから食べようか思案中・・・

d0008157_2338554.jpg

パッケージが見えやすいようにか、箱の中に少し傾斜がついているところも流石な
感じです。
[PR]
# by candlevoice | 2014-09-08 23:38 | 雑感 | Trackback | Comments(3)

Everything is coming up roses

初めて、両国国技館に行ってきました。
といっても大相撲を観に行ったわけではありません。

豪華なミュージシャン達が、 ピアノと歌声で夢の競演を繰り広げるという素敵なイベント、
J-WAVE主催の東京ピアノジャンボリーに参加してきたのです!

d0008157_19474597.jpg

国技館ということで、こんなのぼりも用意されていました。

今回一番のお目当ては、最近その声とピアノテクニックが気になっている「さかいゆう君」、
昨年末の『クリスマスの約束』で「奏」を聴いてから愛が再燃している「スキマスイッチ」の
2組でしたが、それ以外にもつい『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』を思い出してしまう
KANさんや、芸達者な清水ミチコさん、現代の歌姫JUJUさんなど、本当に豪華なライン
ナップなんです。

多くのミュージシャンが競演するため、6時間を超えるライブとなりましたが、飽きることなく
最後まで楽しむことができました。

とはいえ、両国国技館の升席にはビックリ!
1升(120㎝×130㎝)に4人座るというのは、今の若い方の体格を考えると非常に厳しい
ものがあります。
しかも、良い席は相撲茶屋を通さないと買えないとか・・・
そんなことも、相撲離れが進んでしまう一因カモ?などと思ってしまいました。
(もちろん私は、2階のイス席で参加です)

さて、オープニングに登場したのは「さかいゆう君」
CDでは物足りなくなり、ぜひ一度彼の生の声を聴いてみたいと思っていたのです。
小学校時代にはちびっこ相撲をしていたそうで、すばらしい四股を見せてくれました
が、それ以上に歌声はステキでした!

あの癒しの歌声は、最近ストレスの多い私の前に、ある日突然舞い降りたエンジェル
そのものだと感じました。

後半戦では、スキマスイッチ 大橋君のフリルがついているような甘い歌声に酔いしれ、
清水ミチコさんの『ウソだったのかい』には、ここまで言っちゃっていいの?っと思い
ながらも大笑いさせられました。

最後のKANさんは、なんと行司の格好で登場です!
懐かしい「愛は勝つ」だけでなく、「カレーライス」や「よければ一緒に」などを、今までの
出演者と一緒に歌ってくれました。
特に「よければ一緒に」では、最後は客席も巻き込んで、1万人の大合唱!?
とても楽しいステージになりました。

最後の「全力少年」では、2台のピアノを4人がぐるぐる回りながら連弾するという
パフォーマンスまで見られ、とても心地よい余韻に浸りながら、暗くなった国技館を
後にしました。

d0008157_19481498.jpg


さて、こんな説明では、ライブの素晴らしさがわからないという方には、ラジオとTVでも
コンサートの模様が視聴できるそうです。
ぜひ、聴いてみてください!


J-WAVEで聴こう!
HOZAN presents J-WAVE TOKYO PIANO JAMBOREE SPECIAL
4月29日(火)22:00 - 24:00 放送

BS朝日で見よう!
J-WAVE TOKYO PIANO JAMBOREE
5月18日(日)21:00 - 22:54 放送
[PR]
# by candlevoice | 2014-04-14 19:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice