<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

極相

先日旅をした奄美大島と喜界島に、まだ心を撃ち抜かれています。
人も少なく、沖縄ほど観光地化されていないのが魅力です。
自然と一体になる感じを味わうことができるのです。

今回はただ景色を見るだけでなく、マングローブの森をカヌーでツーリングしたり、
金作原(きんさくばる)の原生林を散策したりしてきました。

原生林の中では、巨大なヒカゲヘゴというシダ植物を見ることができ、まるで恐竜の
いた時代にタイムスリップしたように感じます。

d0008157_00551360.jpg
d0008157_00561383.jpg

この旅行中一番心に残ったのが、ツアーガイドさんの話した『極相』という言葉。

『極相』とは、植物群落が、遷移の過程を経て、その地域の環境に適合する、長期
にわたって安定な構成をもつ群集に到達したときの状態のことをいうそうです。

最初は色々な木々が我先にと太陽の光を浴びて大きくなろうとするのですが、光を
好む背の高い陽樹が育ってくると、その成木が光をさえぎり、陽樹の幼木が育たなく
なってしまいます。

林床に光が届かなくなると、長い年月を経て、日照量が少なくても育つ陰樹の高木林
に代わっていくのだそうです。

そしてその下には、日陰でも生息できるシダ植物が生えています。
安定して共存できる環境を、植物自らが作り出しているのですね。



d0008157_00563219.jpg

マングローブは木の種類ではなく、汽水域の塩性湿地に生息する植物や森林を差す言葉
です。
前側のマングローブの背が必ず低くなっているのですが、これは樹齢がちがうのではなく、
天然の防波堤の役目をするために、これ以上背が高くならないのだそうです。

核の脅威を感じる今日この頃。
なんで植物ができる「共存共栄」を人間ができないのか・・・
自然の力のすばらしさを感じるとともに、ちょっと悲しい気持ちになってしまいました。




[PR]
by candlevoice | 2018-02-27 01:27 | 自然 | Trackback | Comments(0)

アソートが好き

おいしい物が好きなのは当然ですが、きれいな包装紙やリボンにも心惹かれます。

d0008157_00063745.jpg
d0008157_00064208.jpg



そしてできれば・・・
[PR]
by candlevoice | 2018-02-14 22:42 | 食べる | Trackback | Comments(0)

雪の日に・・・

1月には東京でも大雪が降りましたが、その雪が解け切らないうちに、また積雪が
ありました。
とはいえ、今回は普通タイヤでも車通勤ができるほどの積もり方です。

仕事帰りに駐車場で見つけた可愛い足跡・・・
カラスはこの後どこに飛んで行ったのでしょうか?


d0008157_23574642.jpg

[PR]
by candlevoice | 2018-02-03 23:59 | 非日常 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice