静謐

台風の合間を縫って、古墳と奈良の古寺をめぐる旅に行ってきました。

効率的にあちこち回りたいと思い、一人でツアー旅行に参加しましたが、ほかの参加者の方々も
ほとんどがおひとりでホッとしました。
あまりにもマニアックなので、ご主人や奥様に一人で行っていらっしゃい!と言われてしまうの
だそうです。

たくさんの古墳やお寺を回りましたが、一番心に残っているのは、ツアーとは無関係なこちらの
場所でした。



d0008157_23134409.jpg
d0008157_23140385.jpg
d0008157_23554947.jpg
d0008157_23154577.jpg
d0008157_23153334.jpg

バスの中で、せっかくホテルの近くにあるのでぜひ行ってみてほしいとツアーの講師の方に言わ
れたのは、橿原神宮でした。
翌朝は出発が早いので、とりあえず宿に荷物を置いたらすぐに行ってみようと思ったのですが、
ホテルに到着した時にはすでに午後5時半近くになっていました。
急いでホテルの方に相談すると、橿原神宮の開門時間は季節によって違っていて、今は6時閉門
だというのです。

あわてて一人タクシーに乗り込み、なんとかぎりぎり間に合ったのがこの景色です。

広大な敷地にほとんど人気はなく、太陽の残光がわずかにそこここを照らしていました。
神様にも仏さまにもあまり関心がない私ですが、厳かな景観に息をのみました。

頭に浮かんだのは「静謐」という言葉でした。
奈良は夕暮れ時や寒い時期などあまり観光客が多くないので、一瞬自分がタイムスリップした
かのような不思議な気持ちになることがあるのです。

仕事を辞めたらゆっくり奈良をめぐりたい、と今は残業の日々の中で思っています。






[PR]
# by candlevoice | 2018-10-03 23:19 | 非日常 | Trackback | Comments(0)

未知との遭遇?

先日、とある場所に向かうため、多摩霊園の中を自転車で急いでいました。

すると、目の前に見慣れない光景が・・・・・
なんとおじさんが、カメを散歩させているのです。

d0008157_23283507.jpg
写真では比べるものがないのでサイズがわかりにくいのですが、甲羅の長さが
40~50センチくらいはあるような大きなカメです。

『なんという種類のカメですか?』
「陸ガメだけど、種類はわからないなぁ~・・・」
あまりに情報量が少なすぎます。

写真を撮ってもかまわないと言われたので、少し先に自転車を止め携帯のカメラ
を構えましたが、その頃にはすでにカメは至近距離に・・・・・

カメの種類はわかりませんでしたが、思いのほかカメは歩くのが早いことを
学びました。



家に戻ると、玄関先に何か違和感を感じます。

d0008157_23453947.jpg


もしかして、これは・・・
[PR]
# by candlevoice | 2018-06-17 00:04 | 非日常 | Trackback | Comments(0)

極相

先日旅をした奄美大島と喜界島に、まだ心を撃ち抜かれています。
人も少なく、沖縄ほど観光地化されていないのが魅力です。
自然と一体になる感じを味わうことができるのです。

今回はただ景色を見るだけでなく、マングローブの森をカヌーでツーリングしたり、
金作原(きんさくばる)の原生林を散策したりしてきました。

原生林の中では、巨大なヒカゲヘゴというシダ植物を見ることができ、まるで恐竜の
いた時代にタイムスリップしたように感じます。

d0008157_00551360.jpg
d0008157_00561383.jpg

この旅行中一番心に残ったのが、ツアーガイドさんの話した『極相』という言葉。

『極相』とは、植物群落が、遷移の過程を経て、その地域の環境に適合する、長期
にわたって安定な構成をもつ群集に到達したときの状態のことをいうそうです。

最初は色々な木々が我先にと太陽の光を浴びて大きくなろうとするのですが、光を
好む背の高い陽樹が育ってくると、その成木が光をさえぎり、陽樹の幼木が育たなく
なってしまいます。

林床に光が届かなくなると、長い年月を経て、日照量が少なくても育つ陰樹の高木林
に代わっていくのだそうです。

そしてその下には、日陰でも生息できるシダ植物が生えています。
安定して共存できる環境を、植物自らが作り出しているのですね。



d0008157_00563219.jpg

マングローブは木の種類ではなく、汽水域の塩性湿地に生息する植物や森林を差す言葉
です。
前側のマングローブの背が必ず低くなっているのですが、これは樹齢がちがうのではなく、
天然の防波堤の役目をするために、これ以上背が高くならないのだそうです。

核の脅威を感じる今日この頃。
なんで植物ができる「共存共栄」を人間ができないのか・・・
自然の力のすばらしさを感じるとともに、ちょっと悲しい気持ちになってしまいました。




[PR]
# by candlevoice | 2018-02-27 01:27 | 自然 | Trackback | Comments(0)

アソートが好き!

おいしい物が好きなのは当然ですが、きれいな包装紙やリボンにも心惹かれます。

d0008157_22494592.jpg

d0008157_22495166.jpg



そしてできれば・・・
[PR]
# by candlevoice | 2018-02-14 22:42 | 食べる | Trackback | Comments(0)

待ちに待った季節!

温州みかんの季節が終わりかけると、スーパーの果物コーナーには、大きなオレンジ色の
果実がたくさん並びます。

いよかん、紅まどんな、そして私の大好きな大好きなデコポンです!

d0008157_00190250.jpg
いただき物のデコポンは、1/9に収穫したもので、2週間ほど家の中の暖かいところに置いて
追熟させる必要があるのだそうです。

毎日このオレンジ色を見るたびに、心がワクワクしてしまいます。

これからだんだんおいしく甘くなっていくデコポン・・・
しばらくは幸せが続きそうです。


[PR]
# by candlevoice | 2018-01-18 00:23 | | Trackback | Comments(0)

富士と夕焼け

最近、TVのプレバトランキングの俳句コーナーにはまっています。
そんな私の心を動かしたのが、夕焼けに染まった富士山のシルエットでした。

d0008157_00092071.jpg

こんな風景を見ながら、ここで一句!とできたら良いのですが・・・・・

[PR]
# by candlevoice | 2018-01-16 23:03 | | Trackback | Comments(0)

クリスマス♪

d0008157_23032926.jpg
d0008157_23034858.jpg
せっかくのクリスマスなのに、なにもクリスマスらしいことをしていません。
仕方ないので、ちょっとだけ気分を上げる画像を張り付けておきます(^^ゞ

1枚目は、星の王子様ミュージアムのツリー。
2枚目は、吉祥寺の街を歩いていて突然遭遇したツリーです。

実は、吉祥寺では仕事関係の方とフレンチを食べていたのですが、お料理の写真を撮るのに夢中
で、白いテーブルクロスの上に白いスマホを置き忘れて出てきてしまったんです。
家に戻る途中でこのツリーを発見し、スマホで写真を撮ろうとして忘れ物に気付くことができま
した。
めでたしめでたし・・・



[PR]
# by candlevoice | 2017-12-25 23:07 | まち | Trackback | Comments(0)

宇宙の進化?

暑い夏の間はほとんど蕾をつけず、やっと花が咲いても紫の単色なことが多かったのですが、
涼しくなってきれいな斑入りの花を咲かせるようになりました。

色といい斑の入り方といい、生きている花とは思えない宇宙観(cosmos)です。
2度の台風にも負けず、きれいに咲いています。

d0008157_21140750.jpg



[PR]
# by candlevoice | 2017-11-03 21:22 | | Trackback | Comments(0)

348円の宇宙

シクラメンが終わった後、しばらくはネモフィラの涼しげなブルーの花を楽しんでいたの
ですが、あっという間に開花期が過ぎてしまいました。

これからは、インパーチェンスやペチュニアなど夏の花が楽しめる季節です。
バラ咲きのインパーチェンスをピンク系でそろえてしまったので、ペチュニア・サフィニアは
パープル系を選ぶことにしました。



いま特にお気に入りなのは・・・
[PR]
# by candlevoice | 2017-06-08 02:10 | | Trackback | Comments(0)

入道雲?

仕事帰りに駐車場に向かう途中、思わず目を疑ってしまいました。
こんな季節に入道雲?!

まるで洗顔せっけんをネットで泡立てたような、クリーミーな雲が浮かんでいます。

d0008157_01372234.jpg
ずいぶん日も長くなってきましたね。
そろそろ梅雨入りでしょうか?
そしてあっという間に、暑い夏がやってきそうです。



[PR]
# by candlevoice | 2017-06-05 23:30 | | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice