映画が観たい!

無性に、映画が観たくなる本を読みました。

d0008157_1365621.jpg

名作映画をモチーフにして、映画をきっかけにつながる人々を描いた作品
なのですが、とにかく心があたたかくなるんです。

学生時代、一緒にたくさんの映画を観ていた小説家とヤクザの友情
夫に自殺された妻とレンタルビデオショップ店員の恋
弁護士の娘とその同級生の冒険
家族を殺されたおばちゃんライダーと不仲な両親に心を痛める子供との
心のふれあい
《だいじょうぶオーラ》が消えてしまったおばあちゃんを元気づけようとする
家族の思い

物語の最後に、区民会館大ホールで『ローマの休日』が上映されるのですが、
そこに集まってくるのは、5つのエピソードのどこかで出会った人たちでした。

久しぶりにとても感動する本を読むことができましたが、この本との出会いも、
不思議な縁で結ばれていたように感じます。

数ヶ月前の新聞の書評で、学生への夏休みの推薦図書として取り上げられて
いた『フライ,ダディ,フライ』
面白くて、ザ・ゾンビーズシリーズの『レヴォリューション No.3 』も読んでしまい、
職場の方に貸したところ気に入ってくれて、同じ作家のこの本を買って、今度は
私に貸してくれたのです。

しかも、私のブログに【金城一紀 インセプション】という検索ワードで訪問して
下さった方がいたようで、最近金城さんの《帰ってきた「映画日記」》というブログ
を見つけました。
読んでみると、本当に映画が好きな方だということがわかります。

読むべき本が読むべきタイミングで、私のもとにやってきたのかもしれません。

『太陽がいっぱい』も『ドラゴン怒りの鉄拳』も知ってはいても、きちんと観たこと
がありません。
『ローマの休日』も、もう1回じっくり観たいと思ってしまいます。

この本をきっかけに大きなスクリーンで映画が観たくなってしまい、昨日・今日と
続けて観てきちゃいました!
『TSUNAMI』と『大奥』です。
「SP」の公開も待ちきれません。

でも、映画の感想はまた別の機会に・・・(笑)
[PR]
トラックバックURL : https://candlevoic.exblog.jp/tb/12029307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by candlevoice | 2010-10-04 23:28 | | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice