ちょっと前のお楽しみ(その1)

ちょっと前というか、そうとう前の話になってしまうのですが・・・

久しぶりにミュージカルを観てきました。
市村正親と井上芳雄が主演する「キャンディード」です。
最近では、佐渡裕のオペラ版も有名のようですね。

どんなお話かも知らず、市村さんが出演すると聞いてとりあえず出かけた私には
非常に衝撃的な内容でした。

ミュージカルといえば、明るく楽しく、子供も大人も楽しめる健全なものだという
先入観があったのですが、この舞台はR-15にした方が良いんじゃない?と
思ってしまうようなハラハラさせるセリフ満載なんです。

主人公は井上芳雄演じる純真な若者キャンディード。
男爵の城に暮らす私生児で、市村正親演じる哲学教授パングロスから楽観主義を
教わります。
男爵の娘クネゴンデと恋に落ちるのですが、身分違いを理由に城を追い出され、彼女
との再会を願って諸国を放浪するのですが、戦争や地震、宗教裁判、嵐などの災厄
が次から次へと降りかかることになります。

こうやってストーリーを書いてみると、とても真面目な話のように聞こえるのですが、
実はたくさんの人が死に、その人たちがいつの間にか生き返り、梅毒だのレイプだの
といった単語が飛び交う仰天の舞台なんです。

最終的には、楽観主義者パングロスと悲観主義者マーティンのどちらも間違っていて、
人生には楽しいことも悲しいこともあるんだよ!というあまりにまともな結論に達します。
フィナーレでは、みんな幸せに暮らしました、というおとぎ話なんですけれどね(笑)

でも、歌もダンスもとても素晴らしかったです。
その前に見た劇団四季の舞台よりも、はるかに見応えがあるように感じました。
そういえば、ライオンキングだった坂元健児さんも出演していましたよ(^^ゞ

主演の井上芳雄は、遠目にはあまり華のある役者さんには見えなかったのですが、
後半になるにつれ、歌声は素晴らしく響き、途中で私の横の通路を通って行ったとき
にはオーラが感じられ、やっぱりカワイイっ!!と目がハートになっていました。(笑)

世の中のしがらみをすっかり忘れて楽しむひとときも、とても大切ですね!

d0008157_124545100.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://candlevoic.exblog.jp/tb/11791710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by candlevoice | 2010-08-23 12:45 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice