<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タンゴに夢中?

突然ですが、TANGOです!
『団子(ダンゴ)に夢中』じゃないですよ(笑)

しばらく前から、『女の香り』という韓国ドラマを見ているのですが・・・
キム・ソナさん演じる旅行会社の平社員ヨンジェは、ある日、末期の胆のう癌
で、余命6か月と診断を下されてしまいます。

残された時間の中で、本当の幸せを探し求める彼女は、旅行会社の後継者
ジウクと恋に落ちるのですが、その物語の中で『TANGO』がとても象徴的に
使われています。
音楽もそうですが、二人で踊るタンゴは、切なくそして美しいのです。

そんな風にタンゴを意識しだした時、ちょうどFMラジオで『ヨーヨー・マ プレイズ・
ピアソラ+2 』が紹介されていて、「リベルタンゴ」に打ち抜かれちゃったんです。

あれもこれもは買えないので、女の香りのOSTだけ買い、ヨー・ヨーマさんの
古いアルバム『ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ』は、図書館で借りて楽むことに
しました。

d0008157_21521650.jpg

ちょっと前までは、舞台の影響でタップダンスを習いたいと思っていたのですが、
今はタンゴが踊りたくなっています(^^ゞ

最近、職場で頭を使っているせいか、家に帰ってくると本も読みたくなければ、
ブログの更新もしたくないという日々が続いています。
書きたいことは色々たまっているのですが、気長にやって行きますね!

とはいえ、今日は電車でお出かけしたので、一気に『「病院」がトヨタを超える日』
を読んでしまいました。

う~ん、頭の良い人っているんだなぁ・・と思いました。
とても面白い本です。
ぜひ一読をお勧めします。
[PR]
by candlevoice | 2012-05-29 21:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

お口直しに・・・

ちょっと重いテーマについて語ってしまったので、最近撮ったお花の写真を
載せておきます!

通勤途中、毎年私を楽しませてくれているのは、小さな小さなバラ園です。

d0008157_2372134.jpg
d0008157_2373080.jpg
d0008157_2375312.jpg
d0008157_238224.jpg

昨日は、お散歩中にこちらのキスゲを発見しちゃいました。
今年は例年よりずいぶん開花が遅いようです。

d0008157_2391962.jpg

d0008157_2392417.jpg

たくさん群生しています。
今が見ごろではないでしょうか?!
[PR]
by candlevoice | 2012-05-20 23:10 | | Trackback | Comments(0)
今年の2月に、昨年末から読んできた本の感想を書いたきり、いつのまにか3か月が
過ぎようとしています。
この間に読んだ本、観た映画やドラマ(といってもDVDですが)、聴いたCDなどについて
一言書こうと思いながら、ゆっくり時間が取れずにいます。

このまま放置すると忘れてしまいそうなので、とりあえず備忘記録しておきますね(^^ゞ

この3か月、読んだ本はあまり多くありません。
以前ご紹介した「廃用身」に、ちょっと心を打ち抜かれてしまって・・・

この小説は、前半では医師・漆原糺が出版社の編集部長・矢倉に説得されて執筆した
“Aケア”の経緯を綴った原稿という形を取っており、後半では、前半の原稿が漆原の
遺稿であったこと、漆原の過去や“Aケア”報道に対する対応などが、矢倉の視点で語ら
れています。

医師・漆原糺は、老人のデイケア医療に携わるなかで、脳梗塞などで動かなくなった
“廃用身の切断”という画期的な治療法を思いつき、職員と話し合いを重ね、患者
の同意を得て、“Aケア”(切断)という治療?を始めます。

切断後、その患者を担当するヘルパーや家族は、患者の体重が軽くなったことで
肉体的負担が軽減され、患者は意のままにならない部分がなくなり、褥瘡が良くな
ったり、うつ症状や認知症が改善されるなど、前半では“Aケア”の良い面ばかりが
強調されて書かれています。

こんな治療法が認められるはずがないと思いながらも、こういう考え方も程度問題では
アリかもしれない、と思わされてしまうのが不思議でした。

ところが、その治療法が医療ジャーナリストによって、“患者の手足を切る悪魔の所業”
などと書き立てられ、治療された患者も実際は《本心からの同意》ではなかったと言い
始め、自殺する者、家族を殺す者など凄惨な描写が続きます。
そして最後には、この医師と妻も自殺してしまうのです。

「廃用身」は、老人医療において本当に正しいことはなんなのか、とても考えさせてくれる
小説でした。

私は、脳梗塞の後遺症でほとんど意識がないまま、1年半ベッドで寝たきりだった人も
知っています。
また、認知症で食事がとれなくなった高齢者に《胃ろう》から食事をとらせることも、とても
難しい問題だと考えています。

こんなに医学が発達していなければ、「食事がとれなくなること=死ぬこと」だったはずです。
本人がしっかりしているうちに、《胃ろう》になっても生きたい!と明確に意思表示していれば
もちろんOKだと思いますが、家族が選択するのはとても難しいのです。

d0008157_22314260.jpg

ということで、最近は「自分の死に方」ばかり考えていたりします(^^;

ピンピンコロリが理想でも、元気だと重い病気になってもなかなか死ねないですからね~(^^;

あっ、話がずいぶんそれてしまいました。
ということで、久坂部羊さんの作品をたくさん図書館で借りてみました。

ちょっと怖くて、まだ小説には手を付けていないのですが、「日本人の死に時 そんなに
長生きしたいですか」と「大学病院のウラは墓場―医学部が患者を殺す」を読みました。

う~ん、ちょっとヘビーだけど、頭の中はフル回転しています。
今日は、北原茂実さんの『「病院」がトヨタを超える日』を借りてきました。
国民皆保険の良いところと問題点について、色々考えてみたいです。

とはいえ、そんな重い本だけでは肩が凝りますよね?!
そのほかに読んだのは・・・

曽野綾子『老いの才覚』
木村 裕一『あらしのよるに』
平安寿子『おじさんとおばさん』
立花 胡桃『ユダ』(上下)
久保寺 健彦『GF(ガールズファイト) 』
田代 親世『恋する韓流』
高田 郁『夏天の虹~みをつくし料理帖7』
他にも読んだかもしれませんが、あまりに昔のことで思い出せません(^^;

『あらしのよるに』の絵本が好きだったのですが・・・
小説版は、オオカミのガブ=男性、ヤギのメイ=女性という対比があまりにステレオタイプ
的に感じてしまって、私にはあまり共感できませんでした。

『ユダ』は、J-WAVEの東京 REMIX族で、しょこたんが自分の母親のお勧めの本と言って
いたので読んでみたのですが・・・
もう上巻の途中で投げ出したくなりました。

一人の女性がキャバクラで№1になりのし上がっていくお話ですが、お客さんに借金させて
まで貢がせるというお話は、あまり気分の良いものではありません。
それに、元彼と書いてモトカノと読ませたりするのも、よくわからない・・・

DVDの紹介もしようと思っていたのですが、なんだか長くなったので、また次回UPしますね!
[PR]
by candlevoice | 2012-05-20 22:58 | | Trackback | Comments(0)

しましまの夕焼け

もう少し早く仕事を終えていたら、もっときれいに見えていたかも・・・
職場の駐車場から見えていたのは、しましまのミルフィーユみたいな夕焼けです!

d0008157_2313213.jpg

[PR]
by candlevoice | 2012-05-18 23:11 | | Trackback | Comments(0)

見つけた!

最近、空を見上げることが少なくなりました。
暑かったり寒かったり、雨が降ったり風が吹いたり・・・
お天気も定まりません。

そんな中、車の窓から空を見上げたら、発見しちゃいました!
大きな樹に紫の花が咲いていたんです。

久しぶりに見た「桐の花」です。



d0008157_0375533.jpg

d0008157_0382636.jpg


今年は野生の藤を発見できずにさびしかったのですが、これで
ちょっとうれしくなりました。

緑がだんだん濃くなり、あちこちのお庭ではバラの花も満開です!
一眼レフを持って、撮影旅行に出かけたいな!
[PR]
by candlevoice | 2012-05-16 00:30 | | Trackback | Comments(0)

謎の四角錐

通勤途中の空き地に、春先から鉄骨が組まれていました。
どうみても四角錐・・・
家を作っているようには見えません。

しばらくすると、四角錐の上に何か板のようなものが貼られて
いました。
これは屋根?!
でも、家の部分は見当たりません。

温室?
それともピラミッド?!

それにしても、上の青いビニールシートはなんでしょう?
毎日、車で通りすぎるだけなので想像ばかりが膨らみます。

その物体とは・・・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-05-16 00:21 | 車の窓から | Trackback | Comments(0)

surprise!

あまり言いたくないのですが、今日は私の誕生日でした。
(そろそろお誕生日がうれしくないお年頃なんです・・・)

それなのに、お昼休みもそのあともずっと打ち合わせが続き・・・
ヘロヘロで帰ってくると、なぜか職場のみんなが立ってお出迎えしてくれるんです。

一人が大きなドーナツ模様の袋を持っていたので、これはみんなでドーナツ争奪戦を
するのかとワクワクしました。
(うちの職場では頂き物のお菓子があると、みんなでじゃんけんをして、勝った人から
好きなものを順番に取っていくという【掟】があるんです)

でも、その袋の中に入っていたのは・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-05-10 23:48 | 非日常 | Trackback | Comments(2)
実は連休中、ひそかにあることに挑戦していました!

先にブログに書いてしまって、途中で挫折したらかっこ悪いし・・・(^^;
秘密にしていたのですが、なんとか2日間がんばることができました。

ということで、発表しちゃいま~すっ♪♪♪

ダラララララララララ・・・(ドラムロールの音)
[PR]
by candlevoice | 2012-05-07 23:08 | 非日常 | Trackback | Comments(0)

新緑のまち・・・

ゴールデンウイークは、どこへ出かけても混んでいるので、毎年家でのんびり
することに決めています。
今年も、夏物と冬物の入れ替えをして、あとはのんびり過ごす予定でした。

でも、ちょっと用事で出かけた先で、美しい新緑の景色を見つけてしまったんです。

5月3日には、用事の時間より少し早く着きすぎてしまったので、車を駐車場に
入れて、ぶらぶらと歩きまわりました。

d0008157_21561850.jpg

くらやみ祭が行われる大國魂神社では、小雨の降る中、縁日の屋台がたくさん
出ていて、とてもにぎわっていました。

d0008157_21581098.jpg

d0008157_21575888.jpg

d0008157_21584950.jpg


また、今日自転車で訪れた公園では、太陽の光に透き通るような新緑のもみじが
とてもきれいでした。

d0008157_2254633.jpg
d0008157_2252357.jpg
d0008157_226547.jpg

目にまぶしいほどの緑の中で、噴水も気持ちよさそうに見えます。

d0008157_2282623.jpg


せっかくなので・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-05-05 22:23 | まち | Trackback | Comments(0)

端午の節句

5月5日は端午の節句ですが、最近では家に五月人形を飾ることも
なくなりました。

ひな人形も鎧兜も、箱に入ったまま何年も押し入れで眠っています。
出し入れも面倒だし、結構スペースをとるんですよね・・・

食いしん坊な私にとって、5月5日は「柏餅の日」になってしまってい
るようです(^^ゞ

でも、今年はちょっと違います。

某老人ホームに、五月人形を貸し出すことにしたんです!

そのホームでは、季節ごとに色々と飾りつけをするのですが、高齢者
のホームは女性が多いせいか、ひな人形を寄付される方はいても、
五月人形を持ってくる方はいないようで、玄関先には小さな兜だけが
飾ってあったのです。

家から持ってきた鎧兜と、こいのぼりを組み合わせたら、こんなに立派に
なりました。

d0008157_0292568.jpg

数少ないおじいさんたちも、昔を懐かしんでくれているでしょうか?!
[PR]
by candlevoice | 2012-05-01 00:29 | | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice