<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日、職場の方のご主人が買ったというCDを貸していただきました。
本当のことを言うとあまり興味がなかったのですが、今世界各国でチャートの上位に
ランクインしているということで、車のHDDに入れて聞いてみました。

d0008157_2214030.jpg

一曲目に流れてきたのは「ブルー・ライト・ヨコハマ」
前奏からどっぷり昭和歌謡で、最初はこれはもうダメかも?っと思いました。

でも、「いいじゃないの幸せならば」を聞いたとき、少し気持ちが変わりました。
幼い時に聞いた覚えはあったのですが、こんな歌詞だったとは・・・
1969年のほかの歌とは全く違う、新しい女性像を感じさせる曲だったんですね。

youtubeで佐良直美さんの原曲も聞いてみましたが、由紀さおりさんの歌声のほうが、
よりアンニュイな感じです。

アルバムのライナーノーツには、あの時代には新しい「自立した女性の歌」というような
ことが書いてありましたが、悲しげなメロディーと由紀さんの歌声を聞いていると、私には
自分のことが好きになれない《さびしい女性の歌》のようにも聞こえてしまいます。

その後はアルバム全曲を何度も聞き返し、耳慣れてくると止められなくなりました。
海外版では琴の調べで始まる「夕月」が1曲目に入っているということなので、日本的な
楽曲への興味も大ヒットの要因だったのでしょうか?

私にとっては、1969年という年に焦点をあて東西の名曲を集めたアルバムというのも
面白かったのですが、それ以上に《昭和歌謡》に新しい魅力を感じてしまいました。
1969年には、他にもたくさんの名曲があるようです。
PINK MARTINIはなぜその中から、今回のアルバムの曲を選んだのでしょうか?
その意味でも、ボーナストラックに新曲を入れたのはどうだったのかな?とも思います。

実は、「真夜中のボサ・ノバ」「私もあなたと泣いていい?」「わすれたいのに」はまったく
聞いたことのない曲でした。
でも、今私の頭の中で流れているのは「真夜中のボサ・ノバ」だったりします(^^ゞ

そして1969年を調べていて思ったこと・・・
黛ジュンもいしだあゆみも奥村チヨも、みんな20歳そこそこなんですよね。
大人っぽかったなぁ~・・・
今じゃ、AKB48の年齢ですよね(^^;

そして、こんな私の幸せといえば・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-24 23:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

生老病死

ずっと前から読んだ本の感想を書こうと思っていたのですが・・・
言葉を選んでいるうちにどんどん敷居が高くなり、なかなか書けないでいたら、
書評が書ききれない冊数になっていました(^^ゞ


有川 浩 『県庁おもてなし課』
西原 理恵子原作『女の子ものがたり 映画ノベライズ版』
平 安寿子 『あなたにもできる悪いこと』『あなたがパラダイス』『コーヒーもう一杯』
中田 宏 『政治家の殺し方』
篠田 節子 『純愛小説』
勝 桂子 『いいお坊さん ひどいお坊さん』
桂 望美 『恋愛検定』
中村 勝雄 『パラダイス・ウォーカー』『もう一度、抱きしめたい』
小林 亜津子 『はじめて学ぶ生命倫理』
宮田 雄吾 『「生存者」と呼ばれる子どもたち』
宮本 輝 『骸骨ビルの庭 上』『骸骨ビルの庭 下』

約2か月の間に読んだのはこんな本です。
面白かったものも、読み終えたらストーリーさえ思い出せなかったものもあります。
もしかしたら、他にも読んだことすら忘れている本があるかもしれませんね(笑)

橋下 徹・堺屋 太一 「体制維新-大阪堵」
渡部 良三 「小さな抵抗」
三浦 しをん 「三四郎はそれから門を出た」

今、読みかけている本はこの3冊ですが・・・
戦時中に捕虜を殺せという命令に逆らったため、凄惨なリンチを受けた渡部さんが、
戦場の日常と軍隊の実像を歌に詠んだ「小さな抵抗」は、たぶん全部読めないまま
図書館に返してしまうことになりそうです。
あまりにも凄惨で、読んでいると暗い気持ちになってしまいます。

若いころは小説を一気に読むのが好きでしたが、今は2・3冊並行して読むのも好き
になりました。
ノンフィクションや評論なども交えて読むほうが、気分転換にもなるようです。

そんな中で、ちょっとだけご紹介したいのは2冊の新書です。
1冊にはひどくがっかりし、1冊はとても興味深く読むことができました。

私の個人的感想なので、多くの人とは違う意見なのかもしれませんが・・・

勝 桂子さんの『いいお坊さん ひどいお坊さん』
葬式仏教を批判するだけでなく、生きづらさを乗り越えるための寺院・僧侶 との
正しい付き合い方を探る本として、amazonでも評価が高い本でした。
けれど、私には納得できないところが多く・・・

お布施をたくさん要求すればひどいお坊さん、そうでなければ良いお坊さんなので
しょうか?
たくさん払ったとしても、お気持としてたくさん払いたいと思えるような親身なお坊さん
だったら良いお坊さんなのかもしれませんが、ただ寄り添うだけなら、カウンセリング
でも良いはずです。
その根底にあるはずの「仏教」についてほとんど書かれていないのです。

お墓や葬式を排除する理由が、子供に迷惑をかけたくないためという人が増えて
いるとありますが、本当でしょうか?
そもそも、少子化や非婚率の上昇で子供が減ってきているのに、〇〇家という
お墓を継承していくこと事態が難しくなっています。

肉食をしていようが、妻帯していようが、子供を私立の学校に入れていようが、
お布施をたくさん要求しようが、「仏教」の教えを説き、世のため人のために働いて
いるのなら・・・とも思いますが、今はお布施の行き先が見えません。

私が「いいお坊さん ひどいお坊さん」というタイトルから、もう少し仏教に踏み込んだ
内容の本だと勘違いしてしまったせいなのかもしれませんが、全体的にもの足りなく
感じました。

小林 亜津子さんの『はじめて学ぶ生命倫理』
これは、「いのち」は誰が決めるのか という副題がついている通り、 医療が発達した
現在、自分の生命の決定権を持つのは、自分自身なのか医療者なのか、それとも親
なのか? 生命倫理学が積み重ねてきた《いのちの判断》について問いかける本です。

第1章 いのちの「終わり」は誰が決めるのか
第2章 子どもの医療は誰が決めるのか
第3章 判断能力は誰が決めるのか
第4章 いのちの「質」は誰が決めるのか
第5章 双子の生死は誰が決めるのか
第6章 いのちの「優先順位」は誰が決めるのか
第7章 いのちの「始まり」は誰が決めるのか

具体的な事例による問いかけで、深く考えさせられます。
ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思いました。

これから読もうとしているのは・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-24 20:04 | | Trackback | Comments(0)

春はまだ遠く・・・

毎年2月か3月ごろ、うちの運転手?のお休みに合わせて、家族旅行に出かけます。
たいてい、暖かい伊豆方面に向かうのですが、今年は例年になく寒いようです。

出かけた日はあいにくの曇り空・・・
高速道路から見える山の稜線は、なぜか幻想的でした。

d0008157_0591645.jpg

雨が降らないうちに、ちょっとだけ観光しようと梅園を訪れたのですが、3分咲きと
いっても、白梅はほとんどがつぼみの状態です。(;_;)
そんななか、なんとか紅梅・白梅を1枚の写真に収めてみました。
梅園の方に伺ったところ、今年の寒さで開花が1か月も遅れているそうです。

d0008157_112772.jpg

翌日は雨の中、ローズガーデンに行ってみましたが、ここもほとんど花はなく・・・

d0008157_144437.jpg

あたみ桜と菜の花が満開になったら、きっと春らしい色合いで美しいのでしょうね。

d0008157_152014.jpg

こちらは、世界最大の松の盆栽なのだそうです。
遠くに初島も見えていて、晴れていれば枯山水のお庭と青い海とのコントラストも
素晴らしいはずです。

そんなお庭で、珍しいものを見つけました!
水仙の原種『ナルキッスス・ブルボコディウム』です。

d0008157_110783.jpg

ぺチコート水仙とも呼ばれる、小さくて可憐な花でした。

宿は連休後の平日ですいていて、お部屋は3LDKにアップグレードされ、大きな
お風呂もほぼ貸切状態。
カラオケ&貸切露天風呂無料・夜泣きそば&天ぷら食べ放題など、お値段の割
には満足な宿でした。

寒さとお天気さえ何とかなれば・・・
っといったら贅沢でしょうか?!

そして帰り道・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-20 01:33 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『ロボジー』

とにかく、一度観てくださいっ!と言いたくなる映画です。

家電メーカー、木村電器の窓際社員3人組は、社長から流行の二足歩行ロボットの
開発を命じられていたのですが、完成まじかのロボット“ニュー潮風”は、ふとした
アクシデントで大破してしまいます。
ロボット博が1週間後に迫り、窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れ
て誤魔化す計画を立て、架空のオーディションを開くのですが、大きさの決まった
ロボットの中に入れる条件にぴったり合ったのは、なんと73歳のおじいちゃん?!

さらには、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子も巻き込み、事態は
思わぬ方向へ転がり出して・・・

本当にありえないようなお話ですよね?!

ロボットの中に人間が入っているのがバレナイわけはないんですが、ミッキーカーチス
演じる“ニュー潮風”の中に入る鈴木老人の膝を曲げた歩き方を見ていると、ちょっと
ASIMOのように見えてくるから不思議です。

研究者でもなんでもないのにロボット開発を命じられたドジな3人組は、葉子の力を
借りてだんだんと成長していきます。

“ニュー潮風”(になった自分)を見せたくて、孫の家に上がりこむ時、とっさに下駄箱
から雑巾を出して足を拭いてしまう鈴木老人はとてもキュートでした。

映画を見ている間中、ずっと笑っていられました。
ほのぼのとしていて、ちょっとキュンとします。

ぜひ、映画館に足を運んでください。
幸せな気分になれること請け合いですっ!

実はもう1本・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-09 23:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
私が好きな果物といえば・・・

夏のパイナップル
秋の梨
そして、冬から春にかけて楽しめる《デコポン》です。

今日、たまにしか利用しない職場の近くのスーパーに寄ったところ、
なんと果物売り場がデコポンで埋め尽くされていました。
長崎産のデコポンが、1つ150円で山積みされていたんです。

自宅近くのスーパーでは、ほかの伊予かんやポンカンなどと比べて
値段が高いせいか、デコポンのコーナーは小さく、いつも数えるほど
しか置いていないので、思わずテンションが上がってしまいました!

ビバ、デコポンフェアっ!!!!!
d0008157_2232442.jpg


そして、もう1つのオレンジ色のしあわせは・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-09 22:39 | 食べる | Trackback | Comments(0)
最近、私にやさしいんです。
みんなは思い過ごしだって言うんですけれど、信じられない!

だって、私が気にし始めたころから、あなたは変わったんですもの。
私のためじゃないんですか、その優しさ?!

そんなあなたの名前は・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-09 22:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

あなたがパラダイス

昨年末は、通勤途中に車の中でこのCDを何度もリピートしていました。

素晴らしい声・耳なじみの良いメロディー・・・
そしてTVで見かけた彼は、とても49歳とは思えないファンキーなおにいちゃん
のままでした。

d0008157_2255937.jpg

ファンの方には邪道だと怒られるかもしれませんが、ちょっと好き程度の私には、
こんなベストアルバムがとても親しみやすく感じます。

しかも、職場の同じフロアーの方とお話ししたところ、実に半数がこのCDを購入し、
一人はレンタルしていたことが判明しました。
デビュー時から最新シングルまでを網羅した、25周年記念のベストアルバムが
こんなに支持されるとは、久保田さんだけでなくファンの方にとっても、非常に
うれしいことではないでしょうか?!

ところが・・・
[PR]
by candlevoice | 2012-02-02 23:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice