<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

仕事帰りに、気になっていたお寺を訪ねました。
アジサイも紅葉も楽しませてくれた、あのお寺です。

今は「梅の花」が満開でした。
曇り空なのが残念でしたが、良い香りに癒されてきました。

とても小さなお寺なのですが、四季折々に楽しめるよう工夫されています。
お庭がいつもきれいなのもうれしくなります。

d0008157_2130882.jpg
d0008157_21302787.jpg
d0008157_2130493.jpg
d0008157_21311166.jpg
d0008157_21321688.jpg


実は先日・・・
[PR]
by candlevoice | 2010-02-28 21:31 | | Trackback | Comments(0)

オキシトシンの効用

「私の名前はキム・サムスン」の中で、恋の有効期間は2年だというセリフがあります。
恋の初期には、ドーパミンとセロトニンが分泌され、セロトニンは相手の欠点を見えなく
するのだそうです。
ふれあうようになるとオキシトシンが分泌されます。
これは授乳時にも出るホルモンで・・・

と始めてみましたが、今回はドラマの話ではありません。(笑)

実は最近、認知症緩和ケアの理念に基づく「タクティールケア」の講座を受講してき
たのです。
「タクティールケア」というのは、あまり耳馴染みがないと思うのですが、スウェーデン
のシルヴィア王妃が創設したシルヴィアホームで行われている、認知症緩和ケアの
1つなのだそうです。

d0008157_1130481.jpg

手のひらを使って相手の手足や背中を柔らかく包み込むように触れていくケア方法
は、私たちが知っているマッサージとは全く違います。

このケアによって分泌されるのが、オキシトシンです。
触れることで、自分が認められていると感じ、安心感をもつことができるのだそうです。

実際に何人かの方で実習させていただいたのですが、気持ちがゆったりして落ち着く
というだけではなく、心が開いて自分のことをもっと知ってほしくなった、と饒舌に話し
かけてきた方もいました。

魔法のようなこの結果はちょっと信じられないと思いますが、実は行っている私の方
にもオキシトシンは分泌されています。
一本一本の指にゆっくり触れていると、その人がどんな年齢の方でもいとおしいという
気持ちになってくるのです。
しかも、新陳代謝が活発になるせいかトイレが近くなって、その効果が分かります(^^;

今まで机上の空論だけを学んできましたが、これからは老人ホームでボランティアも
できそうです。
その前に、5人×20回の実習をしてレポートを出し、試験を受けないといけないんです
けどね・・・(^^;

タクティールケアのせいなのか、ドラマを観て泣いたり笑ったりしているせいか、最近
はとても体調が良いみたい。
(長時間座っているのもつらいので、ドラマを観ながら踏み台昇降してるのも良いの
かも<笑)

とりあえず、私にはオキシトシンの効果はあったようです。

興味のある方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

http://jscijp-hp.hp1.allin1.jp/1236057842958/
[PR]
by candlevoice | 2010-02-24 11:45 | 想い | Trackback | Comments(2)
カーステレオから流れてくる「She Is…」
最近の私は、涙もろくなっているのかもしれません。

それは、韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」にハマってしまったから・・・

少し前のブログにも書きましたが、1/11の祝日にちょっと見始めて、それでも
HDDに保存してみるほどの興味もなくしばらく放置して、職場の同僚の面白い
との声にまた見始めて・・・
ところどころだけ見たドラマは、余計に私の心に火をつけてしまったようです。

30歳で太めのキム・サムスン(キム・ソナ)はクリスマス・イブに恋人にフラれた上、
パティシエとして働いていた店もクビになってしまいます。
仕事を探している途中で、ホテルの御曹司ジノン(ヒョンビン)と出会い、彼の経営
しているレストランでパティシエとして働くことになるのですが、ひょんなことから
ジノンと契約恋愛をする羽目に…。

そんなキム・サムスンとジノンをめぐるラブコメディーは、私のイメージしていた韓国
ドラマとは全く違っていました。
見ていると、つい声を出して笑ってしまったり、サムスンと一緒に泣いてしまったり
するんです。
ジノン(好きな人には意地悪しちゃうタイプ)の傲慢な態度には、突っ込みどころも
満載です。

そんなわけで、HDDに保存した6話だけでは我慢できなくなり、DVDを購入して
しまいました。
その後少しずつ買い集めて、今ではこんな状況です(笑)

d0008157_10295542.jpg

それというのも・・・
このドラマでは、主人公のキム・サムスンが酔ってげっぷをしたり、吐いたりするし、
機関銃のように相手を罵倒したり、叩いたりします。
ダイエットのためにジョギングをしている姿をみただけでも、その身体は・・・っと
見ているこちらが心配になってしまうほど。

女優のキム・ソナさんは、役作りのために前作から16キロ体重を増やしたそうです。
そんな等身大のどこにでもいそうな女性が主人公で、それがとても面白いのに、
それだけではなくて、ラブストーリーとしての完成度もとても高いのです。

だからキム・サムスンに感情移入して、泣いたり笑ったりしたくなってしまうんですね。

興味を持った方に朗報があります!
第1話なら、こちらから無料で視聴できるんです。
ぜひあなたも、サムスンの魅力にどっぷりはまってみませんか?!

http://www.showtime.jp/special/korea/guide/samsoon/?ot31229=200807

More・・・
[PR]
by candlevoice | 2010-02-24 00:02 | | Trackback | Comments(0)
お散歩の途中、今度はひこうき雲を発見です。

d0008157_22334944.jpg

高圧線を横切って・・・

d0008157_22342697.jpg

とはいえ、ちょっと近くないですか?!
機体がこんなにはっきり見えるなんて・・・・・

d0008157_2236931.jpg
d0008157_22362574.jpg
d0008157_22363596.jpg
d0008157_22364590.jpg


ひこうき雲の先端の飛行機を見たなんて、初めての経験です。
実は、調布飛行場のすぐそばをお散歩していたんです。

こんなドキドキも、抜けるような青空も、とっても素敵!
久しぶりの連休に、心も身体ものんびりしています。
[PR]
by candlevoice | 2010-02-20 22:31 | | Trackback | Comments(0)

彼岸桜?!

暖かな気候と青い空に誘われて、とある大学の構内をお散歩していると、
ひときわ可憐なピンク色の花が目に付きました。

どうみても、紅梅ではないみたい・・・
木の幹を見ると、茶筒でよく見かける「樺細工」そっくりです。

d0008157_22261289.jpg

d0008157_22312899.jpg

これって、サクラだったんですね!
今頃咲くのは「ヒガンザクラ」の一種でしょうか?

そしてそして、もっとうれしい発見がありました!
花から花へと飛び回っている緑色の影って・・・・・

d0008157_22285974.jpg

東京にもいたんですね!
かわいいメジロとご対面です。
[PR]
by candlevoice | 2010-02-20 22:12 | | Trackback | Comments(0)
久しぶりにお芝居を見に行ってきました。
20代のときはずいぶん色々な舞台を見たのですが、『つかこうへい』は
初めてかも・・・

主演が黒木メイサというのに惹かれて、某新聞販売店の懸賞に応募
したら、運よくチケットが当たりました。
(といっても3階席だったので、少しお金を足して1階席8列目で観てきました!)

d0008157_22575450.jpg

安保闘争の中、黒木メイサ演じる琉球王妃の末裔《神林美智子》は、
全共闘の委員長に祭り上げられてしまいます。
そんな彼女を利用したのは、恋人であり学生運動のカリスマである
東幹久演じる《桂木順一郎》。

決戦の日の機動隊の配置図を盗むため、桂木は美智子を、敵対する
機動隊員、徳重聡演じる《山崎一平》のもとへと送りこむのです。
しかし、いつしか二人は深く愛し合うようになり・・・
60年代版?ロミオとジュリエットという感じでしょうか?!

とはいえ、ただの悲劇ではなく、随所に笑いあり、ダンスあり、立ち回り
ありと、長い舞台を飽きさせない工夫がありました。

黒いジャージの上下で、ほとんど舞台に出ずっぱりの黒木メイサは、
21歳とは思えないくらい、堂々として落ち着いていて、きれいでした。
立ち回りはカッコよかったし、新入生の頃の初々しいアイドル歌手風の
歌声もかわいくて・・・
モデルのイメージが強かったのですが、なんと15歳のときに、つかさん
の舞台で主演しているんですね。
本物!なはずです。
とても好きな女優さんでしたが、もっと他の作品も観てみたくなりました。

東幹久は、何の役をやっても東幹久に見えてしまいます(笑)
でも、アデランスダンスを披露してくれたのは可笑しかった!

一番びっくりしたのが、カラテカ矢部さんです。
なんと、《神林美智子》の初めての男の役だったんです。
つかこうへいの舞台も2度目だとか。
色々な才能を持った方なんですね~・・・

徳重聡さんは、21世紀の石原裕次郎を探せ!というオーディションで
グランプリを取った方なのだそうですが、実は今まで演技をしている
ところを観たことがなかったんです。
しかも、いかにも2枚目風な感じに、食わず嫌いしていました。
でも、彼の演じる機動隊員《山崎一平》は、泥臭くて一途で・・・
美智子が作戦のために自分をだましていたと知った時の、愛憎入り乱れた
長ぜりふには心を動かされてしまいました。
だって、唾は飛ぶし汗は流れるし、2枚目を投げ打っての熱演でしたから。

とはいえ、大音響の中で早口でがなり立てるようにしゃべるセリフが
聞き取りにくかったり、主役二人が座って話しているだけなのに、いつの
間にか何カ月も過ぎているといった、わかりにくい演出もあったので、
私の中では100点満点ではないのですけれど・・・

それでも、フィナーレで黒木メイサは赤いドレスに、男性陣はタキシード
に着替えて、歌とダンスでにぎやかに締めくくられると、なんだか心が
暖かくなりました。
ライブを観たときにももちろんそう思うのですが、お芝居の方がもっと、
出演している方が楽しそうに演じているように感じます。
それがこちらにも伝染してくるのでしょうか。
[PR]
by candlevoice | 2010-02-11 23:49 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

チャリコン?!

先週の金曜日はほぼ定時に会社を飛び出し、自宅へと車を走らせました。
というのも、財津和夫さんの2010ツアーコンサートがある日だったからです。

自宅からは自転車に乗り換え、会場へと急ぎました。
なので、チャリコンです(笑)

d0008157_2352318.jpg

新聞の折り込み広告でコンサートを知ったので、申し込んだときには既に良い
席は埋まっていたのか、1階席とはいえ、ほぼ最後列に近い場所でした。
それでも、30代~60代の方でホールは満席なのが、なんだか嬉しくて・・・

実は、チケットを取ったものの、ソロ活動になってからの曲はほとんど知らなかった
ので、最近出たアルバム「ふたりが眺めた窓の向こう」を買って予習してみたのです。
でも、なんだかいまひとつしっくりこない感じ。

私の勝手なイメージでは、ある意味枯れているところが財津さんの魅力なのに、男女
のプラトニックではない愛の歌がとても多くて、彼のストイックなイメージとは合わない
ように感じたのです。

コンサートは『Wake Up』で始まり、還暦過ぎとは思えない透明感のある歌声とその声量
に驚かされました。
とはいえ、どうしてもまず日本語をしっかり聞いてしまう私の耳は、その違和感とずっと戦い
続けていました。

それでも、バンドのメンバーが下がって財津さん一人になり、キーボードをつま弾きながら
始めた【休憩コーナー】で、『ぼくがつくった愛のうた』を弾き語るのを聞いたとき、そのすば
らしい歌声に身を任せた方が楽なんだと気がつきました。

そして、会場のみんなと発声練習した後は、チューリップ時代の懐かしい曲を披露して
くれました。
やっぱり『心の旅』や『青春の影』を一緒に歌っていると、青春時代にタイムスリップして
しまいますね。

コンサートが終わった後は、歌に合わせて叩きすぎて、赤く腫れた手でハンドルを握り、
自転車で岐路につきました。
自宅のそばでこうやって音楽や芸術に触れられるのって、とても贅沢ですよね。

9日にもお芝居に行く予定なので、ちょっと芸術三昧な今日この頃です。
[PR]
by candlevoice | 2010-02-08 00:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

(生)肉食女子?

先日、生まれて初めて生のお肉を食べてしまいました。
焼き肉屋さんで『ユッケ』を食べている人は良く見かけたのですが、
私も食べたい!と思ったことはなかったんです。

ところが、これを見たらどうしても食べたくなってしまいました。
だって、どう見てもトロじゃないですか?!
ものすご~くおいしそうでしょ?

d0008157_0174431.jpg

『友三角ロースの塩ユッケ』です。

ガーリックパウダーをつけてももちろんおいしいけれど、ちょっと酸味
のある甘さのワインゼリーと一緒に食べるのも通な感じ(^^ゞ

調子に乗ってこちらにもTRYしちゃいました。

d0008157_0222685.jpg

こちらは生ではありませんが、ほとんどレアな『牛トロの炙り焼き』です。
こちらもリピートしたいおいしさでした。

この焼き肉屋さん、チェーン店らしいのですが、私が一番ツボだったのは、
なぜか小物がアヒルで統一してあること。
箸置きや楊枝入れがかわいいのです。
思わずシャッターを押してしまいました。

d0008157_0251866.jpg

もちろん、普通の焼き肉もとてもおいしかったです。
[PR]
by candlevoice | 2010-02-01 00:26 | 食べる | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice