<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この映画は、イギリスで行なわれるはずだった「THIS IS IT」ツアーのリハーサル
映像をまとめた映画ですが、これを観て感じたのは、【ストイック】の一言でした・・・


『THRILLER』や『BEAT IT』などの楽曲は私ももちろん知っていましたが、今まで
マイケル・ジャクソン本人や、そのパフォーマンスに注目することはありませんでした。
近年はそれ以上に、スキャンダラスな噂ばかりが取り上げられていましたし・・・

今回映画を観に行ったのも、彼が亡くなって《これが最後》かもと煽られ、なんとなく
興味を持ったという程度だったのです。

映画は「THIS IS IT」ツアーのダンサーに選ばれたメンバーへのインタビュー
から始まります。
インタビューに答える人すべてが、瞳を輝かせ、このツアーに参加できる喜びを語って
いました。

マイケルはすべての楽曲のキーもテンポも熟知しており、バンドメンバーに一音一音
細かく指示を出したり、ダンサーの前でお手本となるダンスも披露しています。

スタッフにも、キューのタイミングなど色々な意見を出していくのですが、最後には必ず
「怒っているんじゃないんだ、良くしていくためだよ。《L.O.V.E》」とやさしく言うのです。

それらはすべて、ツアーを素晴らしいものにしていくため・・・
楽曲やツアーに対する真摯な姿勢に、心を打たれました。

彼が亡くなった後、職場の同僚に借りたCDで、初めて彼の歌うバラードの透明な美しさ
を知りました。
それでも、「HUMAN NATURE」など映画の中の声のほうが、CDで聴くよりもっとピュア
に感じられます。
また、ツアー中にステージの後ろで流される予定だった3D映像なども、とても素晴らしい
出来上がりになっていました。

でも、もっとも圧巻だったのはダンスシーンです。
リハーサルですから、全力で踊っているわけではないのですが、マイケルのダンスは
世界中から選ばれた素晴らしいダンサーたちとも明らかに違っていました。
キレがあることはもちろんですが、まったく重力を感じさせないのです。

私はふと、歌舞伎の坂東玉三郎を思い出していました。
彼は男でも女でもない「女形」という役を体現しているのですが、それはある意味人間
ではなくて「妖かし」のように見えます。
だから玉三郎には、お姫様より『天守物語』の富姫のようないわゆる『物の怪』の役が
似合うように感じていました。
それは、ただの女性や男性では表現できない、ある種独特の美しさなのです。

同じようにこの映画の中のマイケルは、ある意味人間を超越したような、そんな雰囲気を
持っていました。

映画はドキュメンタリー映像でありながら、ライブと言っても良いほどの一面も持って
います。
初回は、スクリーンから少し離れた場所で観たのですが、1曲が終わるごとに拍手が
したくて、どうして誰もしないの?っとキョロキョロしてしまいました。
ジャクソン5メドレーでは、大きく両手を振りたかったし・・・
エンドロールが流れ始めた後にも、まるでアンコールのようなお楽しみが待っていて、
すべてが終わって客電がついた時、拍手が起きなかったのを不思議に思ったくらいです。

あまりの感動に、帰りの車の中で、これからの自分の生き方について「何かをはじめな
ければ!」っと思わず大学院進学を考えてしまったほどでした。(笑)

2回目はスクリーンに近い正面に席を取り、まるでライブを観るような臨場感を味わい
ましたが、1回目よりも細部に目が行ってしまい、どちらかといえば客観的な見方をして
しまいました。
しかもあんなに拍手がしたかったのに、遠くの席で1人だけ拍手している人がいたのに
恥ずかしさが先にたち、私の手は動かずじまいでした。

上映最終日に3回目を観て、今度こそ称賛の気持ちを表そう!と思っていたのですが、
21時台の回は満席。
24時から始まるナイトショーは、本当にマイケルのことが好きな人が来るのだろうと思う
と、こんなにわかファンが一緒に盛り上がるのは申し訳ない気持ちになり、さびしかった
のですが観に行くのを諦めました。

この映画を観たことで、マイケルの大ファンになってしまった私です。
でも、もしツアーが行われていたとしたら、絶対に行っていなかったと思うと、彼の偉大さ
を、こういう形でしか知ることができなかったのは、なんだか皮肉に感じます。

とはいえ、こんなに素敵な世界があると知ることができたのは、本当に幸せでした。

d0008157_22311727.jpg

さすが「KING OF POP」ですね。
CDやDVD、自伝なども集めてみましたが、廉価盤が出回っていることもあり、とても
コレクションしやすかったです。
(化粧ポーチがたまたまスパンコールだったので、一緒に撮ってみました(^^ゞ)

彼の音楽とパフォーマンスに対する情熱を感じながら、ゆっくりと味わおうと思います。
[PR]
by candlevoice | 2009-11-29 22:36 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
家に戻って自転車に乗り換え、向かったのは近所の公園です。
たしかHPに、今が見ごろと書いてあったはず・・・

池のほとりに自転車を止めて空を仰げば、朱色の葉がキラキラ光っています。

d0008157_1265665.jpg

そしてやっぱり、水に映る色とりどりの紅葉は格別です。

d0008157_1295670.jpg
d0008157_1301476.jpg

帰る途中、ふかふかした足元をみると、枯葉のキャンバスにもきれいなモミジが・・・

d0008157_1323545.jpg

さいごにもう一度振り返って、深呼吸。
ホントに素敵な午後半休になりました!(笑)
[PR]
by candlevoice | 2009-11-27 23:47 | | Trackback | Comments(4)

そうだ 近所 、行こう!

連日TVで紅葉のニュースを見るたびに、今年の秋はどこにも旅行に行けなかったなぁ~
なんてため息をついていたのですが・・・

新聞の1面を飾っていた、神宮外苑のイチョウ並木を見て気がつきました。
河口湖や京都に行かなくたって、身近なところににも美しい紅葉はきっとあるはず!

まず向かったのは、通勤途中のお寺でした。
初夏にアジサイが美しかった、あのお寺です。

車を止めて見上げてみると、思った通り、真っ赤に色づくもみじが見えました。
階段を上がっていくと・・・

d0008157_141514.jpg
d0008157_151477.jpg

ちょっとだけ日常の風景が入り込んでしまうのも、ご愛嬌と思ってくださいね(笑)

d0008157_162671.jpg
d0008157_163528.jpg

とても名残惜しかったのですが、日が暮れないうちにもう1か所!っと思い、お寺を
後にしました。

d0008157_1132562.jpg

[PR]
by candlevoice | 2009-11-27 23:28 | | Trackback | Comments(0)

パジャマでおじゃま?!

最近ハマっているものと言えば・・・
『映画』です。

きっかけは、大好きな小説「風が強く吹いている」が映画化され、それを観に
行って、なんだか気分が高揚してしまって・・・

小説でも、走ることの美しさや強さは十分に感じられたのですが、カケル役の
【林遣都】の走る姿を見てしまったら、そのフォームがあまりにも美しくて、自分
もその風景に溶け込んで、後ろに風の音を聞いているような気持ちになってしま
ったんです。

d0008157_144266.jpg

映画には、小説とはまた別の感動があるんですね。

ということで、週1ペースで映画館に通っていたのですが、マイケル・ジャクソン
の「THIS IS IT」に感動してしまい、もっともっと観たい!っと思いはじめました。

そして、そんな日々を過ごすうち、仕事から帰って夕食をたべ、パジャマに着替え
た後からでも、車ですぐの映画館なら、レイトショーに間に合うことに気がついて
しまったのです。

仕事を再開して、思うように本を読む時間が取れなくなったので、これからは映画
館にパジャマでおじゃまさせていただくことも増えるかもですね(^^ゞ

あっ、もちろんちゃんとコートを着て、一見わからないようにはしています(笑)
[PR]
by candlevoice | 2009-11-24 00:46 | 映画 | Trackback | Comments(2)

秋のバラ園

しばらく前の写真ですが、カメラとともに写真がスペインから戻ってきたので
UPさせていただきます。
とはいえ、スペインに行っていたのはデジカメだけで、私は通常どおりの生活
でした(笑)

d0008157_23293273.jpg

バラ園から温室を望む・・・

d0008157_23314881.jpg
d0008157_23323942.jpg
d0008157_23325080.jpg

d0008157_23453283.jpg

d0008157_23333129.jpg

定時になるとオルゴールが流れるモニュメントは、音楽とともに大きくスイングするの
ですが、その上で、たのしいメリーゴーランド気分を味わっているカラスが一羽・・・
さあ、どこにいるかわかりますか?!
d0008157_2336371.jpg

最後に温室で、スイレンを見て帰ってきました。
d0008157_23372170.jpg

ここで、前を歩いているカップルの男性に釘付けです!
だって、私とまったく同じパーカーを着ているんですもの(@@;
恥ずかしかったぁ~・・・
お出かけのときは、ユニクロは着ちゃだめね!っと悟った瞬間でした(爆)
[PR]
by candlevoice | 2009-11-18 23:38 | | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice