カテゴリ:自然( 7 )

霜柱

都会では珍しくなった霜柱を、職場で見つけました!

このあたりの気温は、地階より低いとはいえ、今年は特に寒いようです。
みなさまも、風邪やインフルエンザに気を付けてくださいね。

d0008157_2214838.jpg

[PR]
by candlevoice | 2012-01-28 22:10 | 自然 | Trackback | Comments(0)

身の毛もよだつ・・・

先日職場の裏庭で、鮮やかな色のいも虫を発見しました!
もしやこれは、きれいなアゲハ蝶になるのでは・・・・・?

虫に詳しい同僚に捕獲して欲しいと頼むと、その男性は気が進まない様子で
虫カゴに幼虫を入れました。

この先は、決して一人では見ないでください・・・
[PR]
by candlevoice | 2011-07-20 00:46 | 自然 | Trackback | Comments(2)

セキレイ

自然の豊かな丘陵地帯にある『職場』のあちこちでは良く見かけるのですが、
最近うちの近所でも、白い尾を振る姿を見るようになりました。

d0008157_0313753.jpg
d0008157_0315133.jpg

それも、スーパーの駐車場や交差点近くの歩道など、車や人通りの多い所
ばかりです。

小鳥はかわいいので大好きなのですが、車にひかれるのでは?っと心配に
なったり、もしかして飛べないの?っと不安になったり・・・
だって、こんなに至近距離まで近づいても、まったく逃げる様子がないんです。
ハクセキレイの、まだ幼鳥なのでしょうか?

d0008157_0315921.jpg

食べるものがなくなって、街まで出てきてしまったのかしら?!
自然が少なくなっていくことへの警告ではないと良いのですが・・・
[PR]
by candlevoice | 2010-01-25 00:44 | 自然 | Trackback | Comments(0)

あいくるしいの・・・

先日、久々にツバメの巣を見つけました。
中にはかわいい雛が、4羽なのか5羽なのか・・・
そろそろ小さな巣に全員が入るのは難しくなってきているのでしょうか?
ぎゅうぎゅうとおしくらまんじゅうのように、重なっていました。

そっと望遠レンズで写真を撮ってみると、なんてくりくりした目がかわいいんでしょう。
思わずキュンとなってしまいます。

ツバメのお父さんとお母さんが、一生懸命エサを運んでくる気持ちもわかる気がします(笑)

d0008157_0455060.jpg

書きたいことはたくさんあるのですが、ちょっと色々と忙しくしています。
季節が流れてしまわないうちに、UPしたいと思っているのですが・・・
[PR]
by candlevoice | 2009-06-01 00:46 | 自然 | Trackback | Comments(0)

ムクドリの楽園?

年末のスーパーはとっても混んでいて、いつもなら楽に入れる駐車場がすぐに満車に
なってしまいます。
ということで、暖かな日中に自転車でお買い物に行きました。

途中、鳥の声がうるさいので空を見上げると・・・
[PR]
by candlevoice | 2007-12-31 13:19 | 自然 | Trackback | Comments(0)

小さい秋・・・

いつのまにか、涼しくて気持ちよく頬をなでていた風が、少し冷たく感じられるように
なってきました。

先日訪れた公園では、たくさんの小さな秋を発見しました。
d0008157_0202672.jpg
d0008157_0204670.jpg

白と赤の水引草はとても可憐だったのですが、あんまり上手に写ってません(^^;
d0008157_0212020.jpg

ホトトギスはゆり科なんですね。よく見るとそんな形にも見えてきます。
d0008157_0213549.jpg

さて、これはなんだと思いますか?
ちょっとグロテスクな真っ赤な花かと思っていたのですが、公園の方にお尋ねすると
『しろもくれんの実ですよ!』という意外な答え。
良くみれば、ちゃんとその樹に【しろもくれん】というプレートが付いていました(^^ゞ
あんなに清楚な白い花から、こんな面白い実がなるなんて、初めて知りました。

ススキもいい味出しています。
d0008157_022732.jpg

あぁ、遠くに行きたい・・・
実はここも、自宅からはちょっとだけ遠くなんですけどね(笑)
[PR]
by candlevoice | 2007-10-22 00:32 | 自然 | Trackback | Comments(0)

羽化しました!

普段より早めに職場に着いたので、いつもの遠い駐車場ではなく、敷地内の駐車場に
車を入れました。
(早く行かないと、近いほうから埋まってしまうのです)

ドアを開けて、ふと目の前の大きな木の幹に目をやると・・・

なんと、薄いグリーンで透き通るような色のものが、葉っぱからつり下がっています。
その美しさは、天女の羽衣か?
っと言いたいところですが、どう見てもあの形は笑ってしまうくらい《セミ》です!

近づいてみると、羽化したばかりのセミが、ゆっくりと羽を乾かしているところでした。
後どのくらいで、羽はしっかりと色づき硬くなるのでしょうか?!
それまでの間は、どんな敵が近づいてこようが、私がフラッシュをたいて写真を撮ろうが、
じっと動かずにいるしかないんですね。
そうやって危険を顧みず、命をつないでいくことにちょっと感動!

d0008157_1014335.jpg


しかも、この葉っぱの上のほうを見ると、セミの抜け殻がたくさん残っています。
どうしてみんな、この葉っぱにばかりたどり着くのかしら?!

自然の神秘を感じさせられる夏の1コマなのでした。
[PR]
by candlevoice | 2007-08-12 10:17 | 自然 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice