カテゴリ:想い( 26 )

まだ間に合う!

5月の被災地訪問のブログ、投稿日はさかのぼって6月にしているのですが、実際に
書いたのは11月でした。

陸前高田のベルトコンベアーを、多くの人に実際に見て欲しいと思っていたのに、
その頃には解体作業に入っていたことを知りました。
こんな弱小ブログですが、思っていることは機を逃さず発信しなければいけないのだ
なぁと痛感しました。

ということで、こんなに押し迫ってしまいましたが、ふるさと納税のおすすめです!

最近では、ふるさと納税をするとその地方の特産品やお礼がもらえるという話ばかり
に注目が集まっています。
それが楽しみな方たちは、お礼の品をカタログ感覚で選んで、少額ずつあちこちの
地方公共団体に寄付しているようです。
税収が増える市区町村のことを考えればそれが悪いとは思いませんが、もう少し別の
考え方をしても良いのかなぁと思うのです。

ふるさと納税や地方公共団体への寄付は、今収めている都(県)民税・市民税の一部
を任意の自治体へ移転する事になる制度です。
生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができるので、自分の
意思で、納税(応援)したい自治体が選べます。

給与所得者は税金が源泉徴収されてしまうため、自分が一体いくら税金を払っている
のかすらわからない方も多いのではないかと思います。
漫然と徴収された税金が、予算消化のため必要もない3月末の道路工事に使われている
としたら、それを被災地に回したいと思いませんか?

ふるさと納税では、使途を特定できるのものもありますし、お礼の品が必要なければ
義援金として寄付をすることもできます。
しかも所得金額や家族構成にもよりますが、数万円程度であれば自己負担額の2,000円
以外の全額が還付(※1)されることもあるようです。

お礼の品についても、被災地からいただくのは気が引けると思っていましたが、たとえば
陸前高田市は、ふるさと納税返礼品等の梱包・発送作業を高齢者や障害者に委託するという
「ドリームプロジェクト」を立ち上げています。
また、返礼品に被災後復興したホテルの宿泊券や語り部タクシー乗車券などが選べる自治体
もありました。
寄付をしてからその土地に興味を持ち、実際に被災地に行ってみるというパターンだって
アリなのではないかと思います。

年内はそろそろ金融機関がお休みに入ってしまいますが、ふるさとチョイス(※2)という
HPからはクレジットカードでの決済も可能です。
義援金については、各自治体のHPから申し込みできるところも多く、ネットバンキングから
支払うことも可能です。
また、あらかじめ申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」
も始まっています。

もし余裕があれば、全額控除できる額より心ばかり多めに、寄付・納税をしていただけるとうれ
しいです。
お仕事がお休みに入った今、ちょっとHPをのぞいていただければと思います。

※1 全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安は、こちら
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html#block02
※2 ふるさとチョイス(陸前高田市の場合)
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/03210





ちなみに・・・
[PR]
by candlevoice | 2015-12-27 12:43 | 想い | Trackback | Comments(0)

おしゃれな年にしよう!

d0008157_11253418.jpg

たいへん遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

大晦日は、紅白歌合戦が終わった後、近所の氏神様に行ってきました。
ドラム缶のストーブで暖を取りながら、年越しそばや甘酒をいただいていると、12時の
時報がなり、獅子舞が始まりました。

2013年の幕開けです。

そして元旦、はじめて購入した「おせち」でお祝いしてみました。
好き嫌いの多い家族のために、和・洋・中の3段重ねにしてみたのですが・・・
味は濃い目だし、オードブル的なものばかりだったため、2日間食べ続けたのですが、
食べ切れません(>_<)

d0008157_11342442.jpg

今日は突然のお招きで、ちょっとしたパーティーに参加してきます。
でも、着ていくものが見つからないんです(;_;)

肩こりがひどいからとジャケットやアクセサリーを敬遠し、運転に邪魔だからとロング
ブーツを履くのをやめてしまった私。
年末に大きな買い物をしてしまったので、新しい服も買っていませんでした。

でも、それって単なる言いわけかも・・・

今年の目標なんて決める予定もなかったのですが、今年は「おしゃれな年にしよう!」
っと思ってしまいました。

ダイエットして似合う服を買って、おしゃれをするのももちろんですが、おしゃれな生き方?
にも挑戦してみたいです。

最近文章を書くのも面倒になり、ブログの更新をさぼり続けていますが、今年はもう少し
まめに更新したいと思っておりますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

そして、もう「おせち」は買わないぞ!(笑)
[PR]
by candlevoice | 2013-01-03 11:49 | 想い | Trackback | Comments(0)
先日友人から貸してもらったCDを車のHDDに落とそうとしたところ、5曲目の録音が
終わったところで、なんと容量がいっぱいでもう入りませんと言われてしまいました。

あわてて、今までため込んだいらない曲を削除したのですが、その後も容量不足の
表示は続いています。
仕方なく、取扱説明書を読んでみました。

車のHDDもパソコン並みなんですね。
削除したものをいったんためておく場所があり、その中を空にしないと容量は増えない
のだそうです。

ようやく保存したミスチルの『2005-2010 macro』と『2001-2005 micro』
とはいえ、最近のアルバムをHDDに落とすと、アルバム名や曲名は表示されません。
こちらも携帯を使ってブルートゥース?とかいうのでデータをもらってこないといけない
ようで、機械音痴の私には非常に難易度の高い問題です。

ということで、いつもの作業を開始しました!

d0008157_0271649.jpg

エンジンをかけたまま、ポツポツと一字ずつ手入力していくんです。
アルバム名はHDDに最初に録音した年月日のまま変わりませんが、歌っているグループ名
や曲名はばっちり表示されます。

ミスチルの歌はどこかで聞きかじっているのですが、こうやって一曲一曲に名前を打ち
こんでいると、以前も書きましたが、聞いたことがある歌ではなく、『君が好き』という題名
の歌だと認識することができるのです。
題名を知った歌は、以前にも増して心に沁みこみやすく、自分の身近な歌になります。

最近世間を騒がせている虐待やいじめの問題・・・
親は生まれた子どもに名前を付けるとき、どんな思いでつけるのでしょうか?
そして、自分の名づけた子どもがいじめの被害者になったとき、加害者になったとき、
どんなふうに感じるのでしょうか?!

児童相談センターの心理司の方が書いた『教室の悪魔』という本を読んでみましたが、
今のいじめはこんなに凄惨なものになっているのかと驚きました。

巻末に親がこどものいじめに気付くためのチェックリストが載っています。
でも本当に必要なのは、自分のこどもを加害者にしないためのチェックリストなのかも
しれません。
[PR]
by candlevoice | 2012-07-25 00:38 | 想い | Trackback | Comments(0)

PRECIOUS WORDS

通勤途中に聞いているJ-WAVEの番組の中に、PRECIOUS WORDS
というコーナーがあります。
これは、各界で活躍する方たちの《人生を変えるような素敵な一言》を
紹介するコーナーなのですが、少し前にこども向けの物語に登場する
主人公たちのPRECIOUS WORDSを特集していました。

「長い旅行に必要なのは
    大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ」
これは、ムーミンに登場するスナフキンの言葉です。

自由と孤独、そして音楽を愛する旅人・スナフキンらしくてとても気に入った
のですが、それよりもっと心に響いた言葉がありました。

それは、スヌーピーのこんな一言!

ルーシー:「時々 あなたは、どうして犬なんかでいられるのかと思うわ・・・」

スヌーピー:「配られたカードで勝負するっきゃないのさ・・・」
        「You play with the cards you're dealt...」

スヌーピー:「それが どういう意味であれ」
        「Whatever that means」


ちょうどその少し後に、以前写真で紹介した「パラダイス・ウォーカー」という本の
著者である中村勝雄さんという方の講演を聞く機会を得ました。
彼は、不自由な右手足のほかはほとんど動かせないという重度の障害を持つ方
なのですが、とにかく明るくてポジティブシンキングなんです。

車いすで生活をしながら、俳優になりたいと多くの映画監督に手紙をだし、結局
木下恵介監督に師事してシナリオを勉強し、自費出版で小説を書けばその帯に
著名な方のコメントをもらおうと、山田太一さんの家に押しかけます。

どんなに大変だったろうと思うことを、楽しいことに変えてしまう中村さんの生き方
を聞いて、このスヌーピーの言葉を思い出しました。

自分を振りかえってみれば、手放してしまったカードのことばかり考えていたような
気がします。

いくつになっても、今自分の持っているカードで勝負すること!
今年の目標ができました。
[PR]
by candlevoice | 2012-01-01 03:22 | 想い | Trackback | Comments(0)
d0008157_1105096.jpg


あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

近所の氏神様に、さっそく初詣に行ってきました。
あたたかいお蕎麦もいただいたのですが、これって年明けそばですね?(笑)
今年はお囃子や太鼓だけでなく、獅子舞も登場しました。

去年は悲しい出来事がありましたが、今年は誰にとってもしあわせな年になります
ように!と心から願っています。
[PR]
by candlevoice | 2012-01-01 01:19 | 想い | Trackback | Comments(2)

待つ女

3月11日の震災後、計画停電のために買った本を、実は何冊か放置していました。
ようやく最近になって読んだのは、角田光代さんの「ドラママチ」です。

私はこれを、なぜかドラマのような《街》のお話だと思いこんでいたのですが、
実際は色々な物や様々な事を待っている【アラフォー女性達】を描いた短編集
でした。

欲しいものは、子供だったりヤル気だったりステキな未来だったり、自分の人生
を変えるようなドラマチックな出来事。
でも、現実には平凡で退屈な毎日が続いていて・・・

このお話に感情移入してしまったのは、24年間暮らしていた実家のある中央線
沿線を舞台にしていたということもあるのかもしれません。

8つの短編に心を揺さぶられながら、女というのはいくつになっても何かを待って
いるんだなぁと思ってしまいました。
たぶん、年を重ねれば重ねるほど・・・

今までの人生を振り返れば、少しだけ後悔し、自分に相応な幸せを感じ、それでも
やっぱりあきらめ切れない何かがあるような気がします。

韓国ドラマに入れ込んでしまうのも、そんな想いからなのでしょうか?(笑)
最近は、『僕の妻はスーパーウーマン』と言うドラマのテボンさんにちょっとドキドキ
していました。

3,000円や4,000円で手に入るものならと、DVDやCDを買ってみるのですが、
これは待っていた何かではないようですね(^^ゞ

d0008157_0445141.jpg


女は、いくつになっても何かを待っている。
でも本当は、待っても来ないことを知っているのかもしれません。
[PR]
by candlevoice | 2011-06-14 00:44 | 想い | Trackback | Comments(0)

201

TVから流れてくる映像は、あまりにもすさまじく、想像を超えていました。
去年「TSUNAMI」という韓国映画を見たのですが、それよりもよほど上手な
CG合成の映画のようにも見えました。

実は、東北地方太平洋沖地震が起こるほんの何日か前に、蔵王へ樹氷を
観に行っていたのです。

山形蔵王から宮城蔵王へ移動し、福島を経由して東京へ戻りました。
14:46といえば、樹氷を堪能した後、雪上車で山を下りている頃・・・
そんなときにあの地震にあっていたら、どうなっていたでしょうか?!

宿泊したホテルのHPを開いてみると、ホテル運営が困難な状態とありました。
山形鉄道のなまりのある車掌さん、バスの窓から見えるマンションの201号室が
自宅だから遊びに来てと言った純朴な19歳のバスガイドさん、旅先で出会った
たくさんの人の顔が浮かびます。

本当に他人ごとではないと感じています。
どうか、一人でも多くの方が無事でありますよう、お祈りしています。

明日からは計画停電です。
乾電池も水もカセットコンロのボンベも、すべて売り切れでした。
2日間エアコンなしで節電していますが、明日以降の3時間停電は、生活に
大きな影響をあたえることになるでしょう。

それだけ大きな災害だったということです。
パソコンに向かっている場合ではないのですが、こうやって命の危険がなく
生活していることが、本当に幸せなことだと強く思います。
[PR]
by candlevoice | 2011-03-13 23:48 | 想い | Trackback | Comments(2)

夫婦別姓?!

突然ですが、たまにはまじめなことも書いてみようかなと思います(^^ゞ

先日の参議院選挙、結果に関しては色々思うところもありますが、今回はとある候補者の
「家族をこわす夫婦別姓反対」というマニフェストについて、ちょっと考えてみます。

実はこれを読んで、元《法学部親族法ゼミ》の血が騒いでしまったんですね(苦笑)

今後日本のすべての夫婦は、夫婦別姓にしなくちゃいけない!という法案なら、反対する
方がいても当然かもしれません。
でも、夫婦別姓にしたいと思う人がいるのに、それを絶対にダメだというのはちょっと変だ
なぁと感じてしまいます。

夫婦別姓のために事実婚という形を取る方もいますが、今の日本では、相続や年金の関係
で不利益を被ります。
それ以上に、夫婦が同姓でないと家族が崩壊する・子供の姓が違ってはかわいそう、という
考え方が良く分からないのです。

戦後、新しい民法により家制度は廃止され、婚姻後の夫婦の氏(うじ=姓)を選べるように
なりましたが、実際に女性の姓を選ぶ方はどの程度いるのでしょうか?

私の友人にも二組、結婚して女性の方の姓になったご夫婦がいますが、どちらも跡取り娘
との結婚でした。
しかも一組は、単に女性の姓を選んで結婚するだけのつもりだったのに、そうすると戸籍
筆頭者が女性になってしまうことを知り、それを避けるため男性が養子縁組して婿養子と
なりました。

もちろん、戸籍筆頭者といっても昔の戸主とは違い、単に戸籍の一番最初に記載された人を
指すだけで他に意味はないのですが、夫婦そろっているのに世帯主や戸籍筆頭者が女性
だと奇異に感じる人が多いというのも事実なのかもしれません。

そう考えると、法律が変わり男女平等の世の中になっても、私たちの心の中には家制度の
残骸が残っているのだなぁと考えざるを得ません。

女性なら、小さいころからお嫁さんになりたいと思ったり、将来好きな人と結婚して同じ名字に
なることを夢見てきた方も多いでしょう。
とはいえ、実際に姓が変わって新しい名字で呼ばれる時、何となく違和感を感じる方もいる
のではないかと思うのです。

特に最近では晩婚化が進み、30代・40代で結婚する方も多いでしょうから、自分がずっと
名乗ってきた氏名に愛着を持っている場合も多いかもしれません。
つまり、自分の姓が変わることで、自分のアイデンティティーを失ったように感じる女性
も少なからずいるのではないかと思うのです。

研究職の女性は、結婚して姓が変わっても通称として旧姓を使っている方が多いようです。
論文を書く上で、仕事上の連続性を断ちたくないからでしょうか?
同窓会に行って、姓が変わっていない女性は『まだ未婚』だとわかってしまったり、反対
に姓が変わって『離婚』したことが周囲に知られてしまったり・・・
そう考えると、やはり結婚で姓が変わる立場の人にはデメリットがあるのだなぁと考えて
しまいます。

夫婦や子供が同姓であることで、家族の一体感を感じている人は多いかもしれません。
けれどもそれが本来の姿であるというなら、ぜひ婚姻後の夫婦の氏が男性の姓ばかり
に偏らないようになれば良いなぁと思います。
市役所に婚姻届を出しに行くと、戸籍係の人があみだくじを持って待っていて、当たりを
引いた方の姓を選択するというのなら、とても公平じゃないでしょうか?(笑)

法律上は、婚姻届を出すことを入籍とは言いません。
婚姻の届出があったときは、夫婦について『新戸籍を編製する』のです。
だから、結婚するときには、本籍をまったく新しく決められます。
同じように考えれば、結婚すると新しい氏をつけられたら面白いなと思っているんです。

田中さんと佐藤さんが結婚して、新しい夫婦の姓は「御厨」にします!なんてどうですか?
二人が好きなアニメのキャラクターの名字をとりましたとか・・・(^^ゞ
夫婦が同姓なら家族の絆が強くなる、というのが本当に夫婦別姓反対論の主旨である
なら、これでも充分OKなはずですものね。

そんな冗談はさておき、通常の場合姓が変わる女性側にデメリットの多い夫婦同姓を
女性議員が支持しているというのがとても不思議です。
しかもその理由が、子供に親のどちらの姓を継ぐのか選択させるのはかわいそうだ
からなんて・・・
感情論だけで考えれば、今の女性の立場だって充分かわいそうな気がします。

だから、夫婦別姓反対という考え方の根底には、どことなく家制度や男尊女卑を引き
ずっている感覚があるように感じてしまうんです。

合計特殊出生率が1.4にも満たない状況では、今後長男・長女の結婚が増えていくの
でしょう。
今後は家や氏だけでなく、お墓の継承なども大きな問題になってくるのかもしれません。

今度は反対に、母親の実家の跡取りがいなくなるから、二男には実家の養子に入って
もらいたいなどと思う人も出てくるのでしょうか?
そうなると、夫婦同姓に固執したために、兄弟で姓が違うなどという新しい問題が出て
きてしまうのかもしれませんね。(笑)
[PR]
by candlevoice | 2010-07-18 00:28 | 想い | Trackback | Comments(1)

Hug Machine 

モーニング娘。の歌の題名ではありません。

d0008157_0165019.jpg


この写真ではちょっとわかりにくいのですが、こんなふうにして
使います。

d0008157_0175285.jpg

これは、「締め付け機(ハグマシーン)」というものです。
この機械に身体を入れ、前のくぼみに頭を入れて、額をつけます。
両手を前に出し、レバーを動かして、身体の両脇にあるクッションを
操作して自分の身体を締め付けるという機械なのです。

ハグマシーンは、テンプル・グランディンさんという自閉症の女性が、
不安を軽減するために考え付いたものなのだそうです。
誰かに抱きしめてほしくても、自分のタイミングや自分の好きな強さで
ないと受け入れられないのは、とても切ないですよね。

日本には2台しかないハグマシーン、私も昨日体験してきました。
締め付けられる感覚、とても心地よかったです。

興味のある方は、こちらへどうぞ!
http://www.si-japan.net/hug/grandin.htm

今、昨年立ち上げた任意団体で、発達障害と感覚統合について学んで
います。
何か少しでも、できることをしていきたいと思っています。
[PR]
by candlevoice | 2010-03-29 20:33 | 想い | Trackback | Comments(2)

オキシトシンの効用

「私の名前はキム・サムスン」の中で、恋の有効期間は2年だというセリフがあります。
恋の初期には、ドーパミンとセロトニンが分泌され、セロトニンは相手の欠点を見えなく
するのだそうです。
ふれあうようになるとオキシトシンが分泌されます。
これは授乳時にも出るホルモンで・・・

と始めてみましたが、今回はドラマの話ではありません。(笑)

実は最近、認知症緩和ケアの理念に基づく「タクティールケア」の講座を受講してき
たのです。
「タクティールケア」というのは、あまり耳馴染みがないと思うのですが、スウェーデン
のシルヴィア王妃が創設したシルヴィアホームで行われている、認知症緩和ケアの
1つなのだそうです。

d0008157_1130481.jpg

手のひらを使って相手の手足や背中を柔らかく包み込むように触れていくケア方法
は、私たちが知っているマッサージとは全く違います。

このケアによって分泌されるのが、オキシトシンです。
触れることで、自分が認められていると感じ、安心感をもつことができるのだそうです。

実際に何人かの方で実習させていただいたのですが、気持ちがゆったりして落ち着く
というだけではなく、心が開いて自分のことをもっと知ってほしくなった、と饒舌に話し
かけてきた方もいました。

魔法のようなこの結果はちょっと信じられないと思いますが、実は行っている私の方
にもオキシトシンは分泌されています。
一本一本の指にゆっくり触れていると、その人がどんな年齢の方でもいとおしいという
気持ちになってくるのです。
しかも、新陳代謝が活発になるせいかトイレが近くなって、その効果が分かります(^^;

今まで机上の空論だけを学んできましたが、これからは老人ホームでボランティアも
できそうです。
その前に、5人×20回の実習をしてレポートを出し、試験を受けないといけないんです
けどね・・・(^^;

タクティールケアのせいなのか、ドラマを観て泣いたり笑ったりしているせいか、最近
はとても体調が良いみたい。
(長時間座っているのもつらいので、ドラマを観ながら踏み台昇降してるのも良いの
かも<笑)

とりあえず、私にはオキシトシンの効果はあったようです。

興味のある方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

http://jscijp-hp.hp1.allin1.jp/1236057842958/
[PR]
by candlevoice | 2010-02-24 11:45 | 想い | Trackback | Comments(2)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice