天文学者になりたかった・・・

今でも、空や星を眺めるのが大好きなのですが、小学校の頃は真剣に天文学者か
考古学者になりたいと思っていました。

思い出すと不思議なのですが、小学校6年生の時にサークルのようなものを作って、
何人かのクラスメートと星空に関する勉強会をしていました。

サークル名は《プロミネンス》
毎月、渋谷の五島プラネタリウムに行くのが一番の楽しみでした。

天文学にはロマンではなく、物理学の知識が必要だと知ったのはいつ頃でしょうか?
いつのまにか、そんな夢はあきらめてしまっていました。

それでも、変わった形の雲や落ちそうに大きな月を見ていると、とてもうれしくなって
しまうんです。

d0008157_23594432.jpg

そして、もうすぐ迎える『皆既日食』
日本の陸地から見られるのは、46年ぶりなのだそうですね。

気がつくのが遅くて、すでに日食ツアーはいっぱいという話も聞きました。
しかも、時間はちょうどお仕事中・・・

ということで、当日は午前11時くらいから仕事を放棄して、窓の外ばかり見ていることに
決めました。
これで、どのくらいはっきりと欠けているところが見えるんでしょうか?!
今からワクワク・ドキドキです。

d0008157_0121231.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://candlevoic.exblog.jp/tb/9992736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by candlevoice | 2009-07-17 00:06 | | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice