マイケルジャクソン・ライフタイム・コレクション at 東京タワー

すごく古い話題になってしまいますが、7月初旬に東京タワーに行ってきました。
スカイツリーができたら、忘れ去られてしまうのでは?っと心配になったわけでは
ありません(笑)
7/11までの限定で、マイケルジャクソンの思い出の品280点を集めた展覧会を
やっていたからです。

d0008157_2234417.jpg

まずビックリしたのは、チケットの売り方!
プロモーターがジュリアナ東京だったせいか、黒のミニワンピのお姉さんが、両手に
チケットをひらひらさせて手売りしていたんです。
チケット売り場って、無かったのかしら?!

入り口では、一度に入る人数を制限していたので、結構な行列ができていました。
並んでいるのは、マイケルと同じ50代以上の女性グループが多かったようです。

d0008157_232552.jpg

最初に驚いたのは、ネバーランドの24金と黒大理石のゲートです。
東京タワーの展示では、大理石のゲートのみ写真が撮れるように飾ってありました。
黄金に宝石がちりばめられた紋章のような飾りは入り口の中にありましたが、もの
すごい重量感です。

中に展示されていたのは、ライブツアーやPV撮影で使った数々の衣装、スパンコール
の手袋、そして「ゼロ・グラビティ」のための切り込みの入った靴などです。
どれも手が込んでいて、とても素晴らしいものでした。
マイケルは手が大きく腕が長い印象でしたが、身体はとても華奢だったんですね。
そして、デコラティブなベルトやアクセサリーも見事でした。

私が一番気にいったのは、ローファーです。
このままのデザインで売りだしてくれたら、ぜひ買いたいと思ってしまうほど、色合い
やデザインが一味違うテイストでとてもおしゃれなんです。

This Is Itで使う予定だったスリラーのゾンビ衣装や、ロンドン講演のチケットなども
展示されていて、本当に残念な気持ちになりました。

別室には、エリザベステイラーと一緒に乗ったというリムジンやマイケルの肖像画も
あり、見応え十分です。
ただ、すべての展示物に解説が付いているわけではないので、私のようなにわかファン
にはちょっとわかりにくかったかも・・・(^^ゞ

とはいえ、マイケルが亡くなって1年後に、こうしてもう一度彼のことを考える機会を
持てたのはとても良かったのかなぁと思います。

あんなにスリラーがヒットしなければ、あんなにお金持ちにならなければ、マイケルは
もっと幸せに長生きできていたんでしょうか?!

d0008157_23182334.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://candlevoic.exblog.jp/tb/11633554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by candlevoice | 2010-07-27 23:18 | 非日常 | Trackback | Comments(0)

つれづれに思うこと、写真などを載せていきます


by candlevoice